敏感肌におすすめクレンジング方法

敏感肌におすすめクレンジング方法

昔のようにゴシゴシ洗顔!…敏感肌ではできませんよね。30代女性向けおすすめクレンジング&方法を紹介します。

敏感肌さん NGクレンジング方法

20代の頃と同じ方法でクレンジングをしていませんか?そういえば、昔より敏感肌になっている・・・そんなことはありませんか?敏感肌の方のNGクレンジング方法をお伝えします。

1、 ふき取りクレンジングでの洗顔
敏感肌には「刺激・摩擦」を与えることはNGです。他の洗顔に比べるとやはり摩擦が多くなってしまいがちなので、お勧めできません。
2、 熱いお湯、冷たい水でのクレンジング洗顔
熱いお湯で洗顔していると、皮脂を落とし過ぎてしまったり、お湯の熱さ自体が肌への刺激になります。逆に冷たい水は乾燥の原因になります。

3、 クレンジングに長い時間をかけること
長時間のクレンジングはNGです。クレンジングのポイントは「こすりすぎないこと」です。
優しく包むように洗ってあげましょう。

敏感肌さんに合うクレンジングってどんなもの?

敏感肌の方にあっているクレンジングの特徴は、1、 ミルクタイプ 2、クリーム、タイプ 3、バームタイプのクレンジングがおすすめです。

普段の基礎メイクがパウダー程度の軽いメイクならミルクタイプを、リキッドファンデーションを使用している場合はクリームタイプ・バームタイプのものを選おすすめします。また、ウオータープルーフのマスカラなどオイル入りのものでないと落ちない化粧品を使用している場合は洗浄力の高いオイルタイプを使用しましょう。

方法は先ほどお伝えしたように「熱すぎず、冷たすぎない=ぬるま湯」、そしてクレンジング時は優しくこする。
そして、洗顔後化粧水は、手であたためて優しくつける。そして敏感肌で一番大切なのは「保湿ケア」保湿ケアはセラミド入りの美容液とクリームの使用がおすすめです。

敏感肌さん用!ベストクレンジング洗顔方法

1、その日のメイクによってクレンジングを使い分ける。

先ほどお伝えした、化粧タイプによってクレンジングを変えます。その日のメイクの濃さや肌の状態でクレンジングを選択することで、肌への負担を減らします。

2、量は適量で

クレンジングは高価であったり、または負担をかけないよう少量にする人もいますが、ケチらず適量を使用してください。

3、皮脂の多い部分から洗う

順番としてはTゾーン→Uゾーン→目元→口元です。指のお腹で優しくなじませてください。顔全体になじませるのにかける時間は大体1分以内です。時間をかけるほど肌にとって刺激になります。

4、ぬるま湯を使って20秒以内ですすぐ

時間をかけないことが大事です。肌を擦らずにすすぐことをお勧めします。
関連キーワード

関連記事