顔のむくみを劇的に改善する3つの方法

顔のむくみを劇的に改善する3つの方法

即効性のあるむくみの取り方から、内側から改善する方法までを網羅!顔のむくみを改善しちゃいましょう!

食生活改善で顔のむくみを改善する

一般的な顔のむくみであれば、食生活を変えればすぐに解消されるケースも多いです。ナトリウムや脂質といったむくみの元となる不要な成分を食事で体外へ排出する方法が非常に効果的です。

また、むくみが食習慣を変えるチャンスとポジティブに捉え、これを機会に根本的な食生活改善を徹底する事もむくみをはじめとするあらゆる体の不良に劇的な変化を及ぼします。飲み会などが多い時期は、塩分過多になっていないか、油っぽいものが多すぎないか、気を配る必要があります。多量のアルコールもNGです。

ほうれん草やじゃがいも・キノコ類などのカリウムを多く含む食品は積極的に摂取していきましょう。ただ、何事にもちょうどよい塩梅というものがあるので、ほうれん草などは食べ過ぎると尿酸値を高めてしまい痛風などを派生させてしまう可能性があるので気を付けましょう。

ツボ押しやマッサージで治す顔のむくみ

この章では、ストレスの向き合い方によって、むくみを減退させる方法を取り上げていきたいと思います。病は気からというように、すべての病気はストレスによってつくられるといっても過言ではありません。言い換えるなら、不要なストレスをなくすことができれば、むくみもなくなるという理屈です。

ここでのキーワードはつまり「リラックス」です。ツボ押しやマッサージによって顔のむくみをとることはできます。食生活を改善しても、効果が見られない場合は、リンパマッサージや、ツボ押しで血流の流れを外からの指圧によって改善してしまいましょう。

文字よりも動画などで見た方が効果的だと思いますので、ここで具体的なマッサーッジ方法については省きますが、習慣的にできるようになれば、3分ほどでむくみが取れる即効性が期待できるのでおすすめです。

病気の可能性も考える

上記を試しても改善されない場合、しかも慢性的にむくみが長引いている場合は、病気の可能性も考えた方が良いと思います。むくみを引き起こす代表的な疾患のひとつにアルコールなどの多量摂取により腎臓や肝臓に機能障害が起こり、血液がうまく流れないというのがあります。

食生活が乱れていると、慢性腎不全や、糖尿病が原因でむくみが起きている場合もあります。放置しておくと命にもかかわる危険な病気なので、長期的に継続して顔がむくんでいる場合は、病院を受診することをおすすめします。

内臓関連に問題が起きている場合は、総合病院で診察してもらうのがベストです。血管や血行不良を起こしている場合は、血管外科へまわされますので、まずは総合病院で全身を調べてもらうと良いでしょう。
関連キーワード

関連記事