むくみに効く!今日から押せるツボ3種!

むくみに効く!今日から押せるツボ3種!

気になる脚のむくみや顔のむくみ。その原因と対策から、「むくみに効くカンタンなツボ」までご紹介します!

夏の女の敵「むくみ」その原因と対策は?

夏になると身体のラインを露出する服が多くなるので、女性にとって気になるのは「むくみ」ですよね。身体のいたるところで発生するむくみですが、特に気になるのは、顔のむくみと、足のむくみではないでしょうか。

初対面の男性に会う時に顔がむくんでいたら「この人はもともとこんな顔」だと思われてしまい、今後発展する可能性のある関係も、むくみのせいで台無しになってしまうかも?足のむくみに関しても、「足が太く見られる」というだけではなく、「履いていた靴やブーツがきつくなる」「ズボンが入らなくなる」などの問題も発生します。

むくみの原因とは一体どんなものがあり、むくまないようにする事前対策と、むくんでしまった後の事後対策、さらに効果のあるツボにはどのような種類があるのかを解説していきます。

むくみのメカニズムを解明

むくみの原因のひとつが塩分の取りすぎです。人体には、塩分濃度を一定に保とうとする働きがあり、塩分を過剰摂取してしまうと、それに応じた量の水分で塩分濃度を下げようとします。その結果、身体がむくんでしまうのです。

むくみの予防策としては「塩分を取りすぎないこと」、むくんでしまった後は「水分をたくさん取って塩分を排出すること」です。塩分少なめ・水分多めが、むくまない秘訣です。また、脚のむくみに関して話すと、脚は心臓から最も遠い下半身にあるため、血行不良に陥りやすい部位です。そのため血液が溜まってむくんでしまうのです。

そこで、人目がある場所ではしにくいかもしれませんが、脚の位置が心臓より高くなるような体勢でストレッチなどを行うと、脚のむくみ改善には効果があります。「やばい、むくんできた!」と感じた際には試してみて下さい。

自分でも押せる、むくみに効くツボ

むくみを押さえるツボはいくつもありますが、素人が聞いても場所がよく分からないものが多いです。そこで、「場所が分かりやすいツボ」を3か所ご紹介します!壇中。身体の血液循環を良好にするツボです。

場所は、左右の乳首を線で結んだ。その中間地点になります。胸骨に存在し、その付近の中でも押したら一番痛い場所が壇中になります。人差指と中指で、ゆっくり息を吐きながら押していき、離すのを繰り返します。かいけい。足首の全面にある、2本の筋の間です。ここを押すことで代謝が高まり、脚が細くなります。

たいけい。内側のくるぶしのすぐ後ろにあるへこんだ部分です。かいけいと同様に、代謝をアップして脚を細くする効果があります。いかがでしたか?どれも場所がすぐにわかるものなので、ぜひむくみが気になる方は実践してみてください!
関連キーワード

関連記事