お酒を飲むなら太らない飲み方を知る

お酒を飲むなら太らない飲み方を知る

お酒を飲むことはストレス発散にもなりますが、太らないお酒選びでさらに楽しくお酒を飲めます。

お酒を飲むと太るというのは嘘?本当?

お酒と言うものは男性でも女性でも飲むことによりストレス発散になったり、友人や知人とのコミュニケーションを円滑にすることが出来るため、非常に便利で重要な飲み物です。

しかしお酒を飲むことにより太るといったイメージを抱いている人も多く、特に女性の場合はダイエット中や体重維持のためなかなかお酒を飲むことが出来ない場合も考えられます。実はお酒の中には太りやすいものと太らないものがあり、それは含まれている糖質が大きく関係していると言えます。

太りやすいお酒となるのはやはり飲んだときに甘く感じるお酒で、カクテルや甘めのワインといった女性でも飲みやすい種類のものに関しては、どうしても飲むことにより太りやすくなります。特にジュース感覚でゴクゴク飲めてしまうものは太るので注意が必要です。

お酒を飲むならカロリーにも注意をしましょう

お酒を飲む場合、ほとんどが食事と一緒に何かしらのアルコールを摂取することになるため、糖質だけでなくカロリーと言う点にも注意をする必要があります。

お酒はどのお酒を飲んだ場合でも必ずカロリーを摂取することになるため、食事のカロリーとお酒のカロリーのダブルのカロリー摂取になりやすいでしょう。特に仲間と談笑しながら食事とお酒を摂る場合には、気が付かない間に相当量のお酒を飲み、食べ物も食べてしまっていることも考えられますので、出来るだけカロリーの少ないお酒を選ぶことも重要なポイントとなります。

中には糖質も多くカロリーも高いお酒というものもありますので、そういったお酒を選んでしまうと太りやすくなるためお酒のチョイスがとても重要になります。

飲む量や飲み方により太らないお酒を決めましょう

お酒にはぐいぐい飲めるものと少量ずつ飲むものがあり、ビールが前者、ウィスキーが後者になります。

これらの違いはアルコール度数にあり、アルコールのカロリー自体はビールのほうが低いのですが、実際に飲む量に関しては圧倒的にビールのほうが多く飲む場合が多くなりがちです。

そのためカロリー摂取に関してはウィスキーのほうが低くなる場合がほとんどで、しかもウィスキーは糖質を一切含まないため太らないお酒の代表といえます。日本酒が好きと言う場合には、お冷で飲むよりも熱燗でチビチビ飲むほうが太らない飲み方になりますので、冷たくて一気に飲めてしまうものよりも、アルコール度数が高く少量ずつしか飲めないものや、熱燗のように時間をかけて楽しむものをチョイスするほうがより太らない飲み方になります。

関連記事