ダイエット中に飲んでも大丈夫なお酒って?

ダイエット中に飲んでも大丈夫なお酒って?

ダイエット中は色々と我慢が必要ですが、チョイス次第でお酒などもダイエットに影響を出さずに楽しむことができます。

ダイエット中にお酒は厳禁なのか?

ダイエットをしている最中は好きな食べ物やスイーツ、そしてお酒なども必死で我慢している人も少なくないのではないでしょうか。確かにダイエット中は糖分やカロリーを非常に気にしてしまいがちですが、お酒に関しては種類選びさえ間違えなければ飲んでもダイエットに影響することはありません。お酒はカロリーが高い、お酒は太ると言った認識は、半分正解で半分間違いであると言えるでしょう。

基本的にお酒には蒸留酒と醸造酒という2種類があり、蒸留酒は糖質を含まないお酒となっているため飲んでも糖分の摂取には繋がりません。醸造酒の場合は糖質を含むため飲むことで太る可能性が高く、ダイエットには適していないお酒の種類となります。その為醸造酒を避けることでダイエット中でもお酒を楽しむことが可能となります。

蒸留酒とはどんなお酒?ダイエットに最適なの?

ダイエット中でも飲むことが出来るお酒の種類としては蒸留酒が適しているといえますが、蒸留酒とはどのようなお酒なのでしょうか。これは焼酎やブランデー、ウイスキーなどがこれに当たるお酒となります。

蒸留酒の特徴としてはアルコール度数が高く糖質や脂質を含まないのが特徴ですので、飲んでもダイエットの妨げになることはありません。

アルコールのカロリーに対しては高い部類になり、同じ量のビールなどと比べた場合にはカロリー摂取が気になるかもしれませんが、基本的に蒸留酒は水割りやソーダ割りなどで薄めて飲むか、ロックやストレートを少量ずつ飲むものですので、カロリー摂取量はあまり気にしなくても大丈夫なお酒となります。その為ダイエット中に飲んでも体に蓄積されるものがありません。

ダイエットに醸造酒がNGな理由とは?

ダイエット中でも友人や会社の同僚などと食事に行くことも考えられますが、その際にビールやワイン、カクテルと言ったお酒をチョイスしてしまうとダイエットが台無しになる場合もあります。

食事の際のアルコールは食欲増進効果も高く、醸造酒の場合はぐいぐい飲みやすいお酒が多いため、自分でも気が付かない間にアルコール摂取量が増えていることがあります。特にカクテルやワインは女性でも飲みやすく、カロリーだけでなくダイエットの天敵である糖質を大量に摂取してしまう恐れもあります。仮に食事をセーブしていてもカクテルやワインを大量に飲むと食事以上の糖質を摂取していることになるので、醸造酒の場合は結果的にダイエットの成果を台無しにすることになるわけです。
関連キーワード

関連記事