冬太り解消!今日から始められる対策3つ

冬太り解消!今日から始められる対策3つ

毎年繰り返してしまう恒例行事「冬太り」。生活習慣を改善するだけで解消ができるおすすめの対策3つをご紹介します。

まずはここから!食事や食べ方を見直して冬太りを解消

冬は忘年会やパーティーなどでどうしても食べ過ぎてしまう季節。ある程度食べたり飲んだりは付き合いとして仕方がありませんが、欲望の赴くままに好きなものを食べ過ぎてしまっていませんか?

特に、会社の宴会メニューなどは揚げ物や炭水化物が多く、太る要素がてんこ盛り。外食時はなるべく野菜が多く含まれているものを選んで摂るようにしましょう。もし食べ過ぎてしまったら、こんにゃくなどの食物繊維が多く含まれる食べ物を取り入れると、お通じが改善されるためデトックスの効果があるのでおすすめです。

「特に普段と変わらないものを食べているつもりだけど」という方は、自分の食事のスピードを見直してみてください。忙しさに気を取られてつい早食いしていませんか?よく噛んで食べることで満腹感を感じることができ、自然と食べ過ぎを防げます。

何かと忙しい冬、きちんと眠って冬太り解消!

年末年始は一年の中でも何かと忙しい時期ではないでしょうか。仕事に遊びにスケジュールはパンパン、寝る間も惜しんで動き回っている方は要注意。実は、睡眠不足は冬太り解消の大敵なのです。代謝を高めて脂肪を燃焼しやすくしてくれる成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため、睡眠時間が不足すると必然的に太りやすい体になってしまいます。

また、しっかり体を休めないと、消化活動で疲れた胃腸を休めることもできなくなってしまい、胃もたれが発生して、体に脂肪がたまりやすくなります。忙しい時期にたっぷりと睡眠時間をとることはなかなか難しいかもしれませんが、美容と健康のため、無理なスケジューリングをせずにしっかりと睡眠・休養をとることを心がけましょう。

姿勢美人はダイエットへの近道!

冬は寒さのせいで、体が縮こまってしまいがち。ついつい猫背になってしまっている方は今すぐ鏡の前へ移動して姿勢を正してみてください。猫背の姿勢は背中を丸めるため、お腹をたるませてしまいます。

特にデスクワークの方に多いので、一定時間続けて作業をしたら、少し休憩して背筋を伸ばすことを心がけましょう。また、猫背とは反対にお腹を突き出してしまう「反り腰」も、内臓のたるみを引き起こすので要注意。

内臓のたるみは、いわゆる「ぽっこりお腹」を引き起こすだけでなく、便秘や冷えを招く女性の大敵です。猫背も反り腰も、無意識のうちに癖になってしまっていると直すのには少し苦労しますが、見た目の美しさにも関わってくるので少しずつ改善していきましょう。

関連記事