冬太りの原因と対策をご紹介します!

冬太りの原因と対策をご紹介します!

毎年冬になると太っちゃう悩みを抱えている方も多いでしょう。今回は冬太りの原因と対策方法についてご紹介します。

冬太りの原因には何があるのでしょう?

「なんで毎年冬になると太ってしまうのか」そんな風に冬太りに疑問をもっている方もいるかもしれません。冬といえば、クリスマスやお正月、そしてそれに合わせて忘年会や新年会などついつい食べ過ぎてしまうようなイベントが目白押しです。

それらのイベントでついつい食べ過ぎてしまい、「冬太り」になってしまう方が多いと言われています。また、冬になると運動不足になりがちな方が増えるのも「冬太り」の原因と言われています。寒い冬になると外に出る気も起きず、運動する機会が自然と減ってしまうものです。特に積雪のある地域では、冬に外へ出て運動するのは一苦労です。食べる機会は増えるのに、運動の機会が減ってしまうと太ってしまうのも納得はできるでしょう。

対策1:まずは予防から!

「冬太り」になってしまってから解消のための対策をするよりも、まずは「冬太り」にならないように事前に予防することが大切です。太ってしまうと痩せるのは大変ですよね。

事前に太らないように予防することが太ってしまったという悩みを抱えるよりも楽かもしれません。まずは、食べる量を自分でコントロールするようにしましょう。どうしてもおいしい食べ物が並んで食欲が増える季節ではありますが、自分を制御してコントロールする必要があるでしょう。食べ過ぎてしまった翌日には軽めの食事で済ますなどの工夫をしましょう。

その他にも、食べる順番を意識することで太りにくくなるとも言われています。スープ、野菜、肉・魚、炭水化物の順で食事をすることで、血糖値をコントロールでき、太りにくくなります。

対策2:冬太りの解消法は?

気にしてはいたけど、結局「冬太り」になっちゃった。そんな時には、すぐに解消のためのダイエットを始めましょう。太り始めにダイエットを始めることが最も効果的で、痩せやすいとも言われています。

冬休みが明けて周囲から「冬太り」を指摘される前に、気づいたときからダイエットを始め、体系を整えておきましょう。まずは、食欲を抑える必要があります。「冬太り」しているときには、脳が食べたい、太りやすい脳になってしまっている可能性が高いです。食欲をコントロールして食べ過ぎを脱出しましょう。

体をリセットさせるという意味で、プチ断食もおすすめです。食べ過ぎで内臓も疲れてしまっています。プチ断食は、体にたまった毒素も排出してくれるので、心も体もスッキリすることができるでしょう。
関連キーワード

関連記事