夏のダメージ放置しないで!その放置が抜け毛の原因にもなる!?

夏のダメージ放置しないで!その放置が抜け毛の原因にもなる!?

夏にダメージを受けた髪、そのまま放置していませんか?その放置が抜け毛の原因に!秋のヘアケアでダメージを修復しましょう!

夏のダメージが抜け毛の原因になる?

季節の変わり目、犬や猫などペットの毛は生えかわるなんて聞きませんか?
実は人間も同じく、季節の変わり目は髪の毛が抜け生えかわりの準備をしています。
春と秋にこの抜け毛が起こりますが、なんと秋の抜ける量は春の3倍ともいわれています。
この抜け毛は冬に備え、毛母細胞の入れ替えが行われるためであるので、一時的なものであり心配する必要はありません。
しかし、秋の一時的な抜け毛のはずが冬になっても抜けていく…そのような状態になってしまったら大変!
毛は徐々に薄くなってしまいますよね。

しかし何故一時的な抜け毛のはずが続いてしまうのか。
原因は様々ですが、夏に受けたダメージを放置してしまったことも原因の1つであることをご存知でしたか?
●夏の強い日差し、汗や皮脂のつまりなどにより、頭皮と髪の毛が大きなダメージ受けた。
●紫外線はすぐに影響が出ないが、ダメージが蓄積されることにより、一定以上の負荷がかかってしまった。
●食べ過ぎや夏バテによる食欲不振、昼夜逆転などにより規則正しい食生活を送れず、髪や頭皮に栄養が行き渡らなかった。
●洗浄力の強すぎるシャンプー、爽快感や刺激の強いシャンプーを使い頭皮を洗いすぎた。
●海やプールなどのレジャー施設に行き、塩分や塩素により刺激を受けた。
このあたりの原因が夏に受けるダメージの大部分であると思います。
このダメージを放置することにより、一時的な抜け毛のはずが長期的な抜け毛に繋がってしまうかもしれません。

とはいうものの、日差しや汗は暑い夏に確実に避けられるものではありません。
そこで必要なのが秋のヘアケアです。
夏に受けたダメージは冬まで放置せず、秋のうちに修復しましょう!

秋のヘアケアで抜け毛を防ごう!

夏、髪がダメージを受ける原因はたくさんありましたね。
しかし完全に避けられないのも事実、受けてしまったダメージは早く修復することが大切です。
夏のダメージは秋のヘアケアで修復して抜け毛が続かないようにしましょう!

●頭皮のマッサージ
自分の指で構いませんので、頭皮をマッサージしましょう。
固くなってしまった頭皮をほぐし、毛穴につまってしまった汗や皮脂汚れなどを、シャンプーの二度洗いなどで取り除いていきましょう。
シャンプーはマッサージをしながら優しくやることがポイントです。

●トリートメント
徹底したトリートメントで傷んでしまった髪を内部から修復しましょう。
髪の養分を補う集中トリートメント、紫外線ダメージ専用のトリートメントなど専用のケアができるものもたくさんあります。
髪の状態を見つつ、今必要なトリートメント剤を選ぶとより良いと思います。

●蒸しタオル
蒸しタオルにはリラックス効果が期待でき、ストレスを緩和します。
また、頭皮の血行も良くなるのでトリートメントが行き渡りやすくなります。
しかし、熱すぎる蒸しタオルは頭皮のやけどやダメージに繋がるので温度に注意しましょう。
蒸しタオルの使用後は乾燥しやすくなってしまうので、トリートメントやヘアオイルなどで髪を保護しましょう。

夏のダメージは毎日少しのケアでこつこつと修復することが大切です。
これからは静電気によるダメージも増えてきます。
その前に夏のダメージを修復しましょう!

関連記事