寿命を過ぎた下着をつけているとスタイルが悪くなるってほんと!?

寿命を過ぎた下着をつけているとスタイルが悪くなるってほんと!?

少しお値段の張る良い下着だと、ついつい長い間愛用してしまいませんか?意外と知られていませんが、下着にも寿命があるんです!

寿命の過ぎた下着でスタイルが崩れる?

洋服は汚れたりボロボロになったり、デザインが古くなったら手放してしますよね?
でも下着はどうしていますか?ワイヤーがゆがんできたり、穴が開いたり、よほど汚れたりしない限り、結構長い間使用するという方も多いのではないでしょうか?

実は下着の寿命は意外と短くて、なんと1年くらいなのだそう。もちろんローテーションなどもあるので、実際所持できる期間はもう少し長いとも言われていますが...、それにしても結構短いですよね?
しかし、いくつも所持していると、それぞれいつ買ったかなんて覚えていられませんよね。
ですので、まだ1年経っていなくてもこれは替え時、という大体の目安をお教えいたします。

ブラジャーの場合は、ワイヤーが曲がっていたり、レース部分が切れたり変色したりしていたらもちろん替え時です。他にも生地に毛玉が出来ていたり、ストラップが緩みやすくなっていたりしている場合も替え時のサインです。
ショーツの場合は、ブラジャーより頻繁に替える必要があり、こちらは1年とは言わず、半年以内に替えることがお勧めらしいです。ショーツは、ウエストのゴム部分が伸びていないか、毛玉が出来ていないか、よれていたり形が崩れたりしないか、の3つのポイントが大きいようです。

こういった下着をつけていると、本来体のラインを守るはずの下着が、ラインを崩す原因になりかねないのだとか。

寿命を過ぎた下着と着けていると…?

ラインを美しく見せるはずの下着なのに、寿命の過ぎた下着をつけていると逆効果になってしまいます。

特にブラジャーは、歪んだり、ワイヤーが弱まっている状態のものを着用していると、バストが垂れ下がったり、形が悪くなっていっていくだけではなく、バストになるはずだったお肉がお腹の方に下がって、贅肉になってしまう可能性もあるのだそう。

また、これは下着だけでなく洋服などにも言えることですが、古い物や着ない物をクローゼットにしまっておくと、運気が下がるとも言われています。
まだ大丈夫、という気持ちで下着をずっと取っておくと運気が下がり、マイナスオーラが溜まってしまうそうです。

肌に直接触れるものだからこそ、変え時を見極めて良いものを身に着けるようにしましょうね。
関連キーワード

関連記事