美容業界の裏技!? ダメージ髪に効果的な「究極のヘアケア」とは

美容業界の裏技!? ダメージ髪に効果的な「究極のヘアケア」とは

美容液を使っても髪がギシギシ!夏の日射しでダメージ髪に!そんな悩みを一挙に解決し、美髪へ導いてくれる「究極のヘアケア」をご紹介します。

夏のダメージ髪の原因は?ヘアケアの大切さ 

切れ毛、裂毛、枝毛…肌だけでなく、髪のトラブルも女性の悩みのタネ。
夏の日射しや紫外線により、ダメージを受けた方も少なくないのでは?
頭皮や髪の毛は、なんと、顔の5倍以上もの紫外線量を浴びてしまうのだそうです。
どんなにオシャレに気を遣っても、傷んだ状態の髪では台無しですよね。

【紫外線によるダメージ髪の原因】
そもそも、なぜ紫外線の影響が強いと髪が傷みやすくなるのでしょうか。
段階を追って見ていきましょう。

(1)髪の毛の成分であるタンパク質を、紫外線が攻撃する
(2)髪の表面を保護しているキューティクルがはがれ落ちる
(3)切れ毛や枝毛などができる
(4)メラニン色素が破壊され、髪色が抜け赤茶色になる(光老化)
(5)浴びる時間や紫外線量によって、光老化がどんどん進行してしまう

ヘアケアや対策をしないで夏の日射しを浴び続けているとオソロシイことに…。
日々、蓄積されていくダメージから美髪を守る為には、毎日のケアが欠かせません。
そしてその鍵は、入浴のあのタイミングにあるんです!

美髪の秘訣は「入浴◯◯のヘアケア」にあり!究極の保湿ケア

では、どのようなヘアケアが美髪を守る為には良いのでしょうか。
一般的に紹介されているのは、次のステップです。

【一般的にオススメされているケア方法】
(1)入浴後、まずタオルドライをする
(2)洗い流さないトリートメントをなじませる
(3)時間を空けずにドライヤーで乾かす

この方法、実践している方も多いのでは?
ですが、筆者が舞台でお世話になっているヘアメイクの方には、こんな相談も多いのだとか。
・毎日欠かさずケアをしているのに、指通りが悪い
・紫外線の影響で、トリートメントをつけてドライヤーをしても髪がギシギシする
・ダメージ髪が気になり、ついつけすぎてベトベト髪になってしまう

その悩みの鍵を握るのは、トリートメントの「適量」と「タイミング」なんです。

【プロオススメ!究極のケア方法】
(1)入浴後、タオルドライ前に「ベビーオイル」を髪になじませる
(2)髪の水気を切って、タオルドライをする
(3)洗い流さないトリートメントを、頭頂部を除き毛先など全体になじませる
(4)ドライヤーで乾かす

外せないポイントは、次の2点。
「タオルドライをする前にオイルをつける」こと、最初は「ベビーオイルを使う」ことです。
髪の毛も身体と同じで、濡れてあたたまった状態が、最も有効成分が浸透しやすいとき。
さらりとしたオイルでまず整え、その後洗い流さないトリートメントで潤いを閉じ込めるのがオススメ。
たとえつけすぎてしまっても、タオルドライで余分なオイルが取れるので安心です。

タオルドライ前の、わずか10秒のケア。
そのタイミングを逃さず、夏に傷んでしまった髪のアフターケアをしっかり行い美髪美人を目指しましょう!

関連記事