睡眠不足で「秋太り」!? 美をつくる生活習慣でおデブを回避!

睡眠不足で「秋太り」!? 美をつくる生活習慣でおデブを回避!

秋の夜長は、ついついお酒も進みがち。飲み会続きや、ハードワークで睡眠不足の方は要注意。おデブにならない為に、生活習慣を見直してみませんか?

「睡眠不足」がおデブの原因になるワケって?

睡眠のメカニズムは、ホルモンの働きに左右されやすいと言われています。
また男性に比べると、月経や妊娠、出産などがある分、どうしても女性の方が変動は大きいもの。
さらに、女性ホルモンの増減は、睡眠トラブルにつながりやすいのだとか…。

【睡眠不足がもたらす3つの悪影響】
(1)「成長ホルモン」の分泌が少なくなる
眠りはじめてから3時間(深い睡眠時)が、成長ホルモン分泌のタイミング。
以前は、22時から深夜2時の間に分泌されると考えられてきました。
ですが、実は時間帯に限定されるものではないそう。

このホルモンには、次のような効果が期待できるといわれています。
脂肪の分解や疲労回復、免疫システムへの刺激。
そして、コラーゲン繊維形成やアンチエイジング効果など、女性にとっては良いことづくめ。
ところが、睡眠不足によってホルモンの分泌が減ってしまうと、美へのチャンスを逃してしまうことに…。

(2)「グレリン」が増え、「レプチン」が減る
睡眠不足のときは、飢餓感を伝える「グレリン」という物質が増えます。
そして代わりに、満腹感を伝える「レプチン」が減ってしまうのだとか。
夜更かしや飲み会が続いている人はより食欲旺盛になり、秋太りしやすいおデブ体質に近づいてしまうのだとか。

(3)生活習慣病(糖尿病など)になる可能性が増す
睡眠不足が、身体の不調や生活習慣病を引き起こすのはよく知られています。
ただ、血糖値の上昇は睡眠の過多、過少どちらにも見られる傾向なのだそう。
多すぎても少なすぎてもダメ。
適度な睡眠時間が、美と健康には大切なのですね。

質の良い「睡眠」と「生活習慣」で、おデブを回避しよう!

では、どのようにしたら質の良い睡眠をとれるのでしょうか。

【美をつくる睡眠時の生活習慣7ポイント】
1,暴飲暴食で胃に負担をかけない
2,アルコールは就寝1時間前までを目安にして飲み過ぎない
3,夜のバスタイムはシャワーのみですませない
4,朝シャンするからといって、夜の入浴をさぼらない
5,眠る直前にスマホやPCをいじらない
6,部屋の電気をつけたままで眠らない
7,毎朝、決まった時間に起きて生活リズムを崩さない

心地良い眠りに就くためには、内臓の働きを休ませてあげることが大切。
眠る直前のアルコールは、脳を覚醒させてしまうので注意が必要です。
また、夜の入浴は、身体をリラックスさせ眠りへと導いてくれる重要なアプローチ。
仕事で疲れていても、湯船に浸かる習慣を身につけましょう。

リラックスした、毎日の深い眠りが「成長ホルモン」の分泌を促してくれます。
「秋太り」しやすいおデブ習慣である睡眠不足を解消するために。
今日からあなたも、美をつくる生活習慣始めてみませんか?

関連記事