見た目年齢を若返らせたい!老け顔の原因とは

見た目年齢を若返らせたい!老け顔の原因とは

20代後半~30代は、「若く見られる人」と「老けて見える人」のターニングポイント!何が原因で老けて見えるようになってしまったのでしょうか。

見た目年齢を若返らせるには?老け顔に見えてしまう行動

年を取る事によって、肌の悩みが増えるのは仕方のないことです。
見た目年齢の差を決めているのは、シミやシワ、毛穴の開きやたるみといったエイジングサイン。
老け顔に見えてしまう人は、毎日のスキンケアを意識する必要があります。
また、スキンケアだけではなく、老けて見えてしまう行動にも注意が必要です。

【姿勢が悪い】
猫背の女性は、「おばさん」に見えてしまうこともありますので、普段から背筋を伸ばす意識を持ちましょう。

【髪の毛がパサパサしている】
乾燥して艶がないパサパサの髪は、老けて見えます。肌と頭皮はつながっているので、髪とお肌のお手入れはとても大事です。

【厚塗りメイク】
厚塗りをすると、ファンデーションがシワに入り込みやすくなり、シワが強調されてしまいます。

【ファッションと髪型】
20代前半の頃に似合っていた服や髪型が似合わなくなるのは当然です。
かといって、地味なファッションだと老けて見えてしまうので、今の自分に似合う服装や、見た目年齢に合った生地を選びましょう。

【手と首のしわ】
顔だけでなく、手と首もしっかりスキンケアしましょう。乾燥してカサカサの手は特に老けて見える原因に。

見た目年齢が若い人はエネルギッシュ!

見た目年齢を若返らせるためには、お肌のスキンケアはもちろんの事、普段の行動を見直す事も重要なのが分かっていただけたと思います。
見た目が若く見える人は、エネルギーがあり、積極的にいろいろなコミュニティに参加して、ハツラツとしている人が多く見られます。

あなたも、内側からのケアと外側からのケアを大切にして、いつまでも若々しく過ごしましょう!
関連キーワード

関連記事