その勘違いにご用心! 降り注ぐUVAが肌を劣化へと導いている?!

その勘違いにご用心! 降り注ぐUVAが肌を劣化へと導いている?!

部屋の中に居ても、車に乗っていていも侵入してくる紫外線。それがUVA。通称紫外線A波。A波は皮膚の真皮層にまで届いて肌を劣化させてしまうんです。

防ぐべき紫外線は一つではない!

地表に届く紫外線には2種類あります。UVA(A波)、UVB(B波)と呼ばれるもので、約95%がUVA、5%がUVBとなります。

95%を占めるUVAは、光線の強さとしては弱いものの、地表に降り注ぐ量が多く、また、室内に居ても窓超しに肌の真皮(肌の奥深く)にまで届く浸透力があります。

対して、5%のUVBは量は少ないものの、とても強い光線です。ただ、UVBはほとんどが肌の表面で吸収されてしまいます。夏にプールなどで皮膚が赤くなる日焼けの原因となるのがUVBと言われています。

多くの女性が勘違いしている間違った紫外線防止ケア!

日焼け
UVA、UVB共に肌には良くないのですが、肌の深い部分まで到達するUVAの方が、肌に与えるダメージは大きく、劣化の原因となります。
真皮まで到達したUVAは、肌のハリを保つコラーゲンやヒアルロン酸などを作り出す細胞を傷つけ、シワやたるみといった恐ろしい肌の劣化を招くのです。
さらにUVAはシミの原因となるメラニンも作りだしてしまう厄介者。

日焼け止めを購入する時に、SPFの値を参考にしていませんか?

実はこれが大きな勘違いの一つ。
SPF値というのは、UVBに対する防御効果を示す数値であって、いくらSPF値が高くても、それだけではUVAの防御は出来ないのです。

UVAを防ぐ方法はただ一つ。「PA+++」の力。

UVAを防御する度合いを表すのが、PA値と呼ばれるもの。
よくSPFの下などに「PA++」「PA+++」などと書いてあるのを見かけたことはありませんか? この値がUVAを防御する力を示したもの。表す強さは弱い方から、「PA+」「PA++」「PA+++」と3段階になっています。(ちなみに、SPFの値は低い方からSPF2~SPF50+となっています。)

日焼け止めを購入する際は、このPA値にも気を配って選ぶことで、パーフェクトな日焼け対策が出来るはず。これからの季節は一年で最も紫外線の強い時期。早めの紫外線対策で、肌を守りましょう。

関連記事