間違えると将来薄毛に!? 『朝シャン』『夜シャン』正解はどっち

間違えると将来薄毛に!? 『朝シャン』『夜シャン』正解はどっち

みなさん、シャンプーは朝・夜どちらにしていますか?実は、『朝シャン』には知ると恐ろしいデメリットがあるためNGなのです!

朝シャンのデメリットは薄毛!?

朝シャンと夜シャン。
どちらが習慣になっているかは人それぞれだと思います。
しかし、頭皮や髪をいたわることを考えると【夜シャン】がオススメです。

朝シャンにもメリットはあります。

・寝グセがついてしまっても、直す手間が不要
・寝ている間にかいた汗を流してスッキリ
・身体が温まることで身体が覚醒し、代謝が良くなる

このようなメリットがあるため、朝シャンが好きな方も多いのではないでしょうか?
特にスタイリングの面では、夜シャンよりも朝シャンの方がヘアスタイルがきまりますよね。

一方、朝シャンが怖くなるようなデメリットがあります。
それは、『薄毛』です。
もちろん朝シャンで必ず薄毛になると言うわけではありませんが、もしかしたら将来薄毛になるかもしれないだなんて、絶対避けたいことですよね。

髪にもゴールデンタイム!髪の成長を妨げる原因は朝シャン

なぜ朝シャン習慣は薄毛につながってしまうのか…。
朝シャンと薄毛の関係について、ご説明します。

その理由は、朝シャンすると『頭皮にダメージを与える』ためです。

私たちが寝ている間、頭皮に皮脂が分泌されています。
皮脂というとあまり良くないイメージがあるかもしれませんが、実はこの皮脂が頭皮を守る重要なポイントなのです。

頭皮には皮脂でつくられた膜があります。
この膜は保護被膜のようなもので、紫外線や外的なダメージから頭皮を守る働きをしてくれます。
しかし、朝シャンすることによって、皮脂や膜が落とされてしまった頭皮は、直接的に紫外線などのダメージを受けることになります。
その結果、抜け毛・薄毛を引き起こしてしまうことになるのです。

また、朝の忙しい時間にシャンプーをすると、時間に余裕がなくてしっかり洗えていなかったり、すすぎ残してしまう可能性があります。
シャンプーを丁寧に行わないと、毛穴がキレイにならず汚れが詰まったままです。この状態も薄毛のリスクにつながります。
実は、髪もお肌と同様【22時~2時の間がゴールデンタイム】なのです。
そのため、夜のシャンプーがベストです。しっかり整髪料や、1日の汚れを落とし、寝ている間に髪を成長させましょう。
どうしても朝シャワーを浴びたい方は、シャンプーはせずにお湯で濡らす『お湯シャン』にすることをオススメします。

そして、大切なのは【丁寧に洗い・しっかり流し・完全に乾かす】こと。
改めて意識してみてくださいね!
関連キーワード

関連記事