簡単ダイエット!痩せている人の歩き方と太っている人の歩き方 

簡単ダイエット!痩せている人の歩き方と太っている人の歩き方 

普段何気なく歩いていても痩せている人と太っている人の歩き方はこんなに違うんです!

ダイエットには歩き方も大事!太る歩き方って?

まずは太っている人の歩き方を見ていきましょう!

1.猫背で歩く
猫背になると姿勢が悪くなり、腹筋も使われず、どんどんだらしない体型になっていきます。現代の人は歩くときに顔が前に出て背中を丸めて歩いている人がかなり多いようです。

2.内股で歩く
骨盤のゆがみにつながります。また、内股で歩くとお尻の筋肉が使われず、お尻が垂れ、太ももも太くなっていきます。

3.脚を引きずって歩く
このように歩くと、脚に負担がかかり、コリができます。そして、血行が悪くなり、脚の筋肉に老廃物がたまってしまいます。老廃物のたまった脚は水分を排出せず、むくみ脚となっていきます。

ダイエットに!痩せる歩き方とは!?

1.姿勢を正して歩く
姿勢良く歩くということは痩せていてスタイルの良い人は実は意識をしなくても行っています。
ポイントは何点かあります。腰は引き気味に、腰が脚の真上にきちんと乗っている事を意識します。そして、次にお尻が後ろに出ないようお腹に力を入れ、スッと上に引っ張られているようなイメージを描きます。胸は自然に開き、顎を引いて、そこから歩き始めると見た目にも綺麗になり、ポッコリお腹、骨盤の歪みも解消され、痩せ体型になっていくのだとか。
横から見たときに凹凸なく、体が一直線になっていることが理想です。

2.足はかかとから着地し、足の指も使って歩く
歩く時にしっかりかかとからつけ、足の指で地面を蹴るように進みます。そして、あまり膝は曲げずに歩くと内股歩きもできなくなり、正しい歩き方が身につきます。

3.正しい靴選びをして歩く
足に合わない靴やサイズの違う靴を履いて歩くと、正しい歩き方はできません。厚底の靴やブーツなども正しく痩せる歩き方には不向きなので、あまり履かない方が良いでしょう。

いかがでしたか?歩き方1つでもこんなに違うんです。明日からと言わず、今日から是非歩き方を意識してみてください!
関連キーワード

関連記事