メイクが浮いちゃう!? 気になる口元の笑いジワを撃退!

メイクが浮いちゃう!? 気になる口元の笑いジワを撃退!

やっぱり気になる口元の笑いジワ。深く刻まれてしまう前に、早めに対処しましょう。

気になる口元の笑いジワは早めに撃退が吉

みなさん、口元の笑いジワが気になったことはありますか?
ほうれい線やマリオネットラインとも違う、いわゆる笑顔の跡がシワ化してしまったもの。
これは年齢に関わらず、若い方にも多く見られるそうです。
口元の笑いジワの原因は様々考えられますが、老化や乾燥、顔の筋力低下などが大きな原因と言われています。
笑いジワは悪化すると、ほうれい線やマリオネットラインと繋がって、口元の大きな1つのシワになりかねません!
しかし、笑いジワを気にするあまり、笑顔が少なくなってしまってはもったいないですよね!
本日は、今すぐに実践できる笑いジワのケア方法や対策をご紹介致します。

今日から出来る口元の笑いジワ対策

1、保湿を徹底する
口元は、顔の中でもより乾燥しやすい場所だと言われています。食事のあとには口を拭いたりもしますので、無意識に擦ってしまっているケースもあるのだそう。
そこでおすすめなのが集中オイルケア。洗顔後、いつものスキンケアにプラスして、笑いジワが気になるところに指でオイルを塗りこみましょう。
この時、口の中からベロでシワを押し上げた状態で塗るのがポイントです。

2、ファンデーションは薄めに
口元の笑いジワが気になり始めた理由の1つが、ファンデーションのヨレという方も多いのではないでしょうか?
笑いジワをキレイにカバーしたつもりでも、普通に生活している内に気付いたら口元の笑いジワの線がくっきり、なんてことありますよね。
かと言って、メイクをしたら一切笑わない、という訳にもいかないでしょう。
そこですぐに実践できる対処法としては、ファンデーションの厚塗りに気をつけることです。
下地は出来るだけムラのないように顔全体に塗って、ファンデーションは口元の所は特に注意して薄めに仕上げましょう。

3、部分パックをする
コットンに化粧水をたっぷりと染み込ませたものでパックをしましょう。
これは、口元の笑いジワだけでなく、乾燥しやすい目の下や目尻の笑いジワにも使えますよ。
パックをした後は、乳液やクリーム、オイルなどでさらに保湿ケアをしてくださいね。
また、長時間コットンパックを続けると、逆にお肌の水分が奪われ余計に乾燥してしまいますので、まだコットンが濡れている状態で切り上げるのが良いでしょう。

関連記事