女性の朝は忙しい!寝癖を簡単に治す方法

女性の朝は忙しい!寝癖を簡単に治す方法

朝は食事にメイクに忙しいのに寝癖が気になる…という方も多いはず!頑固な寝癖を簡単に直す方法と寝る前の対策をご紹介します。

朝を楽にするための寝癖対策は、夜が大事!

髪をしっかり乾かさずに寝てしまうと、「水素結合」によって髪はうねった形の寝癖になってしまいます。
髪が濡れている状態から乾くにつれ、だんだん髪の内部の分子も結合していくんです。
つまり、髪が乾ききっていないと、朝の寝癖の原因になってしまいます。寝る前には、しっかりドライヤーで乾かしてから寝るようにしましょうね。
また、髪の毛が長い人は、髪をまっすぐに固定して寝る事で、寝癖が付きにくくなります。
三つ編みなどで、軽く髪を束ねて寝ると寝癖が付きにくくなりますよ。ただし、きつく縛ってしまうと、そこに跡がついてしまいます。
ゴムよりもシュシュなどでゆるくまとめるのがオススメです。

さらに、寝るときは、仰向けにして寝ると寝癖がつきにくくなるようです。普段横向きに寝る人には効果的ですね。
仰向けの時に髪を左右に分けて寝ると、より効果が期待できます。

寝癖ができてしまったときの対処法

最初にお話しした通り、髪の毛の形は「水素結合」によって決まってきます。
つまり、寝癖がついた状態で結合してしまった髪の毛をもう一度濡らすことで、結合を分離させ、寝癖をなおす事ができるんです。
そこで、寝癖なおしにオススメなのが、【蒸しタオル法】です。
水で濡らしたフェイスタオルを軽く絞って電子レンジで1分ほど温めると、蒸しタオルが出来上がります。
そのまま蒸しタオルで髪の生え際から髪の根元を揉みほぐし、髪がしっとりしてきたら、ドライヤーで寝ぐせ部分がまっすぐになるように乾かしましょう。

上記の方法はどれも簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。
関連キーワード