あなたの顔、冷えてない?放置すると恐い「冷え顔」とは

あなたの顔、冷えてない?放置すると恐い「冷え顔」とは

「冷え顔」が顔の老化を進める原因となる事をご存知ですか?肌への影響と対策法をご紹介します!

顔の老化を引き起こす?! 「冷え顔」の与える影響

これから冬に向け、どんどん気温が下がると共に、肌も乾燥しやすい状況となります。

身体の冷えは気にする方でも、顔の冷えに関しては、気にする事が少ないのではないでしょうか?
顔はいつも外気にさらされている為、どうしても冷えやすくなってしまいますが、放っておくと肌へ悪影響を与えてしまいます。

「冷え顔」がどのような影響を与えるのか、具体的に見ていきましょう。

【むくみ】
顔が冷えることで、血行が悪くなり、老廃物がうまく流れない為、むくみの原因となってしまいます。
さらに、顔を温めようと脂肪がつきやすくなり、顔が大きくなってしまいます!

【乾燥やシワ】
乾燥した外気にあたる事で、顔の水分がどんどん蒸発してしまいます。
血流も悪くなるので、肌の皮脂や汗を作る機能も弱まり、肌がカサカサの状態になります。
乾燥が進んでしまうと、シワの原因にもなってしまいます。

【シミやくすみ】
肌の細胞が生まれ変わるターンオーバーが遅くなり、余分な角質が溜まる事で、くすみに繋がります。
また、メラニン色素も蓄積し、シミの原因ともなります。

【疲れ顔・クマ】
冷えが原因で血行が悪くなると、顔がくすんで疲れたように見えてしまいます。
目の周りの血流も滞り、クマができる原因にも。

顔の冷えは、肌へ様々な悪影響を与えるので、きちんと対策を行いましょう!

「冷え顔」を防ぐ為の予防法とは?

手が冷えていない状態で、顔や首を触った時に、「冷たい!」と感じれば、あなたも顔が冷えている可能性があります!
早速、顔を冷やさない為の習慣を身につけましょう。

○顔を洗う時は、ぬるま湯で
いきなり冷たい水で洗ってしまうと、肌の温度が下がります。肌のバリア機能が低下してしまうので、ぬるま湯で洗うようにしましょう。

○スキンケアを行う前に「手」を温める
冷たい手で触れてしまうと、顔も冷えてしまいます。
また、化粧水やクリームなどのスキンケア用品も、一度手のひらで温めてから使用するようにしましょう。肌の温度を下げてしまうのを防げます。

○湯船に入って全身を温める
ついついシャワーで済ましてしまいがちですが、なるべく湯船につかるようにしましょう。
全身がポカポカになるので、「冷え顔」の解消も期待できます。

○マスクをする
顔に直接冷たい外気があたらないようにしましょう。
マスクには保湿効果も期待できるので、肌の乾燥も防げます。

○軽いストレッチを取り入れる
ずっと同じ姿勢を続けていると、肩や首がこわばり、顔にかけての血流が悪くなります。
1時間に1回程度は、伸びや軽いストレッチで、筋肉を動かすようにしましょう。

日常のちょっとした心掛けで「冷え顔」対策が出来るので、今日からぜひ始めてみてください。
関連キーワード

関連記事