気づいてないだけ?! 実は怖い低体温

気づいてないだけ?! 実は怖い低体温

皆さんは低体温が引き起こす様々な病気を知っていますか?万病の元にもなりうる危険も!そこで体を温めるコツをお教えします。

実はアナタも低体温かもしれない?!

多くの女性は、自分が「冷え性」と自覚があると思います。しかし、あまり自覚がないのが「低体温」です。平熱が36度以下の方は低体温と言えるでしょう。そこで、皆さん自分が低体温であるかどうかのセルフチェックをしてみましょう!

【低体温セルフチェック】
①冷たい食べ物や、飲み物を日常的によく摂る。
②便秘や下痢になりやすい。
③きつ目の洋服をよく着る。
④肥満気味

この中の1つでも当てはまると低体温の可能性があります。

体を温めるには?

体温が1度下がると、免疫力は30%も低下します。
低体温は、「脳卒中」「心筋梗塞」「がん」などの万病の元にもなるのです。そのため、まずは体を温める事が大切です。

【体を温めるコツ】
運動をすれば自ずと体が温まりますが、日常的にたくさん歩くのがよいでしょう。体を効率よくあたためるには、大股で早歩きをすること。通勤時の家から駅まで、駅からオフィスまでなども意識して歩いてみてください。

【ポカポカ効果がUPする食べ方】
①みかん
冬の果物の王様であるみかん。食べるときは薄皮やスジも一緒に食べるとよいでしょう。ポリフェノールの一種であるヘスペリジンは血流改善効果があり、実より薄皮やスジに多く含まれています。

②生姜
体を温めることで有名な生姜。生で摂取するより、乾燥させて食べるほうがより効果があります。
生の生姜はジンゲロールが含まれており、強い殺菌力があるので、風邪対策などにとてもよいです。
生姜を加熱や乾燥させると、ジンゲロールがショウガオールに変化します。これは胃腸の壁を直接刺激して血流を高め、深部の熱を作り出す働きがあるので、体が温まります。

③ラム肉
ヘルシーな事でも知られるラム肉には、ポカポカ効果のあるカルニチンが豊富に含まれています。だた、これは水に溶けやすく、熱に弱いので摂取する時は、焼き過ぎないように注意しましょう。

④人参
ヒスタミンが多く含まれる人参。じつは生姜に匹敵するポカポカ効果があります。

体を温める朝晩用ホットスムージー

【朝ホットスムージー】
茹で人参100g、みかん2個、乾燥生姜0.5g、お湯150ccをミキサーに入れて混ぜるだけ。生姜は即効性があるので、朝から体がポカポカになります。

【夜ホットスムージー】
湯通しした小松菜、乾燥プルーン3粒、温めた豆乳200cc、シナモン小さじ1/4をミキサーで混ぜるだけ。プルーンには安眠効果、シナモンは体を温める効果があるので、寝る前に最適です。

体を冷やして良い事は何もありません。しっかり温めて、健康な体づくりをしていきましょう!
ホットスムージー

関連記事