ダイエット中に!ノンオイルでこってり料理のコツ

ダイエット中に!ノンオイルでこってり料理のコツ

ダイエット中はできるだけ脂っこい料理を避け、ヘルシーに仕上げたいところ。そこで、ノンオイルでもこってり料理をつくる秘訣をご紹介致します。

ノンオイル料理のメリット

油を使わずに料理をすることで、

■酸化しにくく、アンチエイジング効果が期待できる。
■油を使わず水で炒めることで、カロリーを抑えダイエットに効果的。
■油を使わないことで、保存がきく。
■野菜の甘さを引き出し、うまみが増す。

など、ダイエットや美容に関するメリットがたくさん!

ついつい家で料理をするときは炒め物など油調理が多くなりがちなので、ダイエットや美容のためにも油を使わずに料理ができたらいいですよね。

ノンオイルの調理法とは

ノンオイルで調理するには、ウォータースチームを活用することです。ウォータースチーム調理法とは、油の代わりに少量の水で蒸し煮にして素材の甘みを引き出す調理法のことで、以下の3ステップで誰でも簡単にノンオイルの調理法をすることができます。

SPEP 1
鍋に火の通りやすい順に下から(例:水分の多い玉ねぎや葉物→キノコ類→1口サイズにカットした根菜類)材料を重ね、塩をひとつまみ入れ、焦げ付き防止用の水大さじ2~3程度を入れる。ニンニクや生姜を入れる場合には、最後に具材の上にのせる。

STEP 2
フタをして弱火にかけ、蒸し煮する。途中で水気がなくなったら鍋肌から適宜継ぎ足す。ウォータースチーム中はうまみを引き出すつもりで、具材は頻繁に混ぜ合わせない。

STEP 3
全体がしんなりしたらひと混ぜして完成!

ノンオイルでこってり料理をつくるポイント5つ

いくらノンオイルでヘルシーに料理したところで、味気ない料理になってしまっては意味がありませんよね。ノンオイルでも満足感のあるこってりとした味をつくるには、以下5つのポイントがあります。

■油を含む食材を活用する 
 食材例(アボカド、ナッツ、ゴマ、ペースト、豆腐、豆乳)

■とろみを活用する 
 食材例(葛粉、片栗粉、赤レンズ豆)

■スパイスを活用する 
 食材例(カレー粉、唐辛子、クミン、オレガノ、セージ、ナツメグ)

■調味料を活用する 
 食材例(塩麹、味噌、醤油、ケチャップ、黒酢、バルサミコ酢、コショウ)

■食べ応えのある食材を活用する
 食材例(きのこ類、大豆ミート、マッシュルーム、かぼちゃ、納豆、玉ねぎ)

いかがでしたか?スーパーにある食材だけで、誰でも簡単にできそうですよね。
ぜひ試してみてください。

関連記事