マニキュア、除光液でうまく落とせない!上手く落とす裏技とは

マニキュア、除光液でうまく落とせない!上手く落とす裏技とは

マニキュアを落とそうと除光液でゴシゴシ。でもなかなか落ちない…。そんな経験ありませんか?上手なマニキュアの落とし方、教えます!

マニキュアを落とすとき、除光液は負担になる?

特別な日や週末だけなど、爪もおしゃれをしたくなる日はありませんか?
しかし仕事柄そのマニキュアをすぐに落とさなければならない人もたくさんいると思います。
落とし方は基本的に除光液を使うと思いますが、ゴシゴシと爪をこすって落としていませんか?
実は除光液は爪にすごく負担をかけてしまうんです。

落としたその時は爪にあまり違いは見られないかもしれません。
しかし落としてしばらくすると、少し爪に違和感を覚えた方もいらっしゃると思います。
何度も頻繁に除光液を使うことによって、その違和感が形となって現れます。
もともと除光液は、爪に塗ったマニキュアを溶かすことによって落としているのですが、マニキュアだけでなく爪にある油や水分も溶かしていってしまうのです。
その結果、乾燥したり、二枚爪になったり、爪が薄くなることで白くなってしまったりするのです。

除光液を軽く塗った程度ではうまく落とせず、ゴシゴシとこすって落とすという方は多いと思います。
では、一体どうすれば爪にあまり負担をかけずマニキュアを落とすことができるのか、落とす方法をご紹介いたします。

上手なマニキュアの落とし方

まず、除光液を使ってマニキュアを落とす際に重要なことはどんなことでしょうか?
ゴシゴシと強くこすらない、なるべく短時間で素早く落とす、この2つです。
除光液にはアセトン配合とアセトンフリーがあると思います。
アセトンによって爪が白くなってしまうことがありますので、基本的にはアセトンフリーを選ぶことをおすすめします。
しかし、アセトンフリーの方も、アセトンのかわりになる成分が含まれているので確実に爪にいいとは言えません。
ラメ入りや重ね塗りなどした爪はアセトンフリーの除光液ではうまく落とせないこともあるので、落とすマニキュアによって使い分けてみるのもいいかもしれません。

さて、素早くマニキュアを落とす方法です。
用意するものはコットンと除光液、アルミホイルです。
方法はとても簡単です!

まず、コットンに除光液を浸透させます。コットンはふわふわなタイプのものがおすすめです。
あらかじめコットンを1/4サイズや1/6サイズなど、爪のサイズに切っておくと楽です。
コットンに除光液を浸透させたら、マニキュアが塗られている爪にコットンを乗せていきます。
コットンを乗せた指に、アルミホイルでコットンを軽く抑えるように巻き付ければ一先ず完成です。
アルミホイルを巻くことによって、コットンに染み込ませた除光液の蒸発を防ぐので短時間できちんと浸透します。
その状態で、30秒~1分ほど待ちます。
時間がたったらアルミホイルをはがし、浮いてきたマニキュアを拭き取るようにスライドさせながらコットンを取ります。
できるだけ1回で落ちるようにコットンを取りましょう。
しかしラメ入りや重ね塗りされたマニキュアは完全に落ち切らないことがあるので、落ち切らなかった場合にはもう一度最初からやり直してください。

落としたらハンドクリームなどで爪を保湿して終わりです。
除光液を使ってマニキュアを落とす際はゴシゴシと擦らずに、一度この方法を試してみてください!
関連キーワード

関連記事