体の内側からキレイになるために止めた5つのこと

体の内側からキレイになるために止めた5つのこと

普段何気なく生活している中にも、知らないうちに体を汚している食べ物は無数にあります。
腸を整え体の内側からキレイになるために、心掛けたい5つのことをご紹介致します。

知っておきたい美女の5ヶ条

①精白されたものをとらない
精白された白米、白砂糖などには栄養がほとんどなく、カロリーを摂るだけという見解もあります。
どうせゴハンを食べるなら白米より玄米、
甘味なら白砂糖ではなく、アガベシロップや米飴など低GI値の食材に変えるよう工夫しましょう。

②市販のドレッシングを使わない
市販のドレッシングには砂糖や添加物、保存料などが入っています。
体を汚すものは一切使用せず、サラダを食べるときにはオリーブオイルや亜麻仁油を使うのがオススメです。
調味料も同じく、保存料や人工甘味料が入った調味料風のものは使用せず、シンプルな原材料のみを使った本物の調味料を使用します。

③お菓子を食べない
私がどうしてもやめられなかったのはチョコレート。以前は毎日のように食べていました。
チョコを含め、市販のお菓子の原材料はほとんどが砂糖です。
白砂糖が入ったお菓子を食べると下記のような効果を体にもたらします。

・ビタミンが大量に奪われる(これは砂糖を分解するために多量のビタミンB群やミネラルが消費されるからです)。
・血糖値を急上昇させ太りやすくなる。
・体に必要な微量栄養素(ビタミン・ミネラル)がない。
・血液を酸性にする。

甘いものは一度ゼロにしないと止められないものです。
なかなか止められないではありますが、ゼロにする意思も必要です。

④コンビニやスーパーにある、“できあい”のものをなるべく食べない
コンビニといえば添加物が非常に多いですよね。
スーパーのお惣菜も調理されてからある程度時間が経っているため、油が酸化している可能性があります。
ここからが大切な情報ですが、酸化したものを食べると“老化”の原因になります!!
いつまでも若くいるために、“できあい”のものは出来るだけ食べず、新鮮でナチュラルなものを食べるように心掛けましょう。

⑤ヨーグルト、牛乳などの乳製品はできるだけ抑える
以前、私も毎日のように食べていたヨーグルト。
乳製品は体に良いイメージがあるかと思いますが、実は逆だというデータも最近ではとられてきています。
その内容がコチラ。

■日本人の85%は乳製品を消化しづらい身体なのです(欧米人に比べ腸が長いため)。
■牛乳に含まれるリン酸がカルシウムを奪う。
■ヨーグルトの乳酸菌は、そもそも腸内環境が整っていなければ善玉菌にはならない。
■摂りすぎるとたるみの原因になる。(詳細は12月16日公開の記事、「女性の大敵!?「たるみ」の原因となる食品!」をご参照ください)

カルシウムは乳製品からとるのではなく、小松菜、ごま、ひじきなど他の食材から摂取するように心掛けましょう。

何を選択するかは自分次第

いかがでしたか?
体の内側からキレイになるには、日々のちょっとした心掛けが大切です。
コレを食べたらキレイになるか?
コレを食べることにより、血液や腸を汚さないか?
そんなことを考えながら、内側からキレイになっていく未来の自分を想像して、日々楽しみながら口にするものをチョイスしたいものですね。
関連キーワード

関連記事