「乾燥肌」の原因は意外にも「あの食品」の摂り過ぎが原因だった!?

「乾燥肌」の原因は意外にも「あの食品」の摂り過ぎが原因だった!?

まだまだ寒さの残る乾燥が気になる時期ですよね。
望診法の観点からは、乾燥肌はある食品の食べ過ぎにより引き起こされていると考えられています。
食べ過ぎると良くない食品を見直し、今からでも間に合う、乾燥肌にならないための対策をとりましょう!

乾燥肌の原因は油のとりすぎだった!

乾燥肌の原因は、脱水または油脂の食べ過ぎです。
野菜や水分が足りていません。

乾燥している皮膚表面は、水分の蒸発を防ぐ皮膚の下に脂肪の層が出来て、カサカサになりやすくなっています。
乾燥肌だからといって、潤いのために油分(油)をとらなければと思うのは逆効果なので注意しましょう。

乾燥肌は体のどんな不調の現れ?

乾燥肌の方は、血液中の脂肪やコレステロール値が比較的高い場合が多いようです。
偏った食事を続けていると、将来的に心臓や動脈、肝臓、肺、前立腺、子宮などにトラブルを引き起こす可能性も考えられますので注意しましょう。

乾燥肌の人向け、「避けたい食品」と「積極的にとりたい食品」はコレ!

【避けたい食品】
揚げ物
肉など、油脂を含む動物性食品

動物性食品の中でも、魚は別です。
飽和脂肪酸の中には、乳製品などの動物性食品に含まれる飽和脂肪酸と、植物油や魚介類などに多く含まれている不飽和脂肪酸があります。
不飽和脂肪酸が含まれている「魚類」は、保湿効果が高いので乾燥肌の改善にも繋がります。
逆に飽和脂肪酸は、コレステロールを高める作用もあるので、摂りすぎには注意ということになります。

魚類の他に、ごまやナッツ類にも不飽和脂肪酸が含まれています。

【積極的にとりたい食品】
大根
かぶ
しょうが
にんにく
パセリ
緑黄色野菜
ねぎ
りんご
わかめ
のり
玄米ごはん
三年番茶
はと麦茶
麦茶
青汁
酢の物

上記でもあげた通り、乾燥肌の原因は、圧倒的に油の摂り過ぎが原因です。
油のとりすぎにより乾燥肌を招いていますので、油を消す「辛味の食材」や「利尿効果のある食材」をとって体に溜まった油を流してあげることが必要です。
また、野菜や海草類をたくさんとり、ビタミン・ミネラルを補給してあげることも重要となってくるでしょう。

保湿クリームより食事の改善から始めてみましょう!

乾燥肌には、保湿クリームなどを塗るという前に、食生活の改善から始めてみましょう!
カラダの中から改善する事が美しさを保つ秘訣なのです。

関連記事