夏のダメージなかったことに!身体の中からヘアケアしていこう

夏のダメージなかったことに!身体の中からヘアケアしていこう

夏の紫外線や海やプールによって蓄積された髪のダメージ。食べ物で体の中から綺麗にヘアケアしていきましょう。

ダメージ髪のヘアケアに~アミノ酸~

ヘアケアに適した食材1つ目は「たまご」です。
たまごにはアミノ酸を含むタンパク質が豊富に含まれており、髪を作る上でとても重要な役割を果たしてくれます。
夏のダメージでスカスカになってしまった髪の毛はタンパク質やアミノ酸により賄われますので、ヘアケアにはとても重要な栄養素なのです。
ぜひ、普段の食卓にたまご料理をプラスしてみてくださいね。

ダメージ髪のヘアケアに~ヨウ素~

髪の成長に欠かせないヨウ素を多く含んだ食物が「海藻類」です。
ワカメや昆布などが髪にいいと言われているのはヨウ素が多く含まれているから。ヨウ素は、髪の発育を促進させる効果が期待されています。
ただ、過剰摂取は逆に髪が傷んで薄くなるなどの症状が出る場合があるので注意しましょう。

ダメージ髪のヘアケアに~ビタミン~

血行を良くする働きがあるビタミンを多く含むものの中でお勧めなのが「ナッツ」です。
ビタミンA、Bなどビタミンが豊富に含まれているため、血行が良くなることにより頭皮の循環がよくなり、髪が伸びやすくなると言われています。
ただ1点注意していただきたいのが、ナッツは揚げたものや砂糖などがまぶしてあるものでなく、ヘルシーな素焼きのものを選ぶようにしましょう。
オヤツの代わりに食べることにより髪にいいだけではなく、ダイエット効果も期待できます。


たまご、海藻、ナッツ類は身近で手に入りやすいものですので、ぜひ毎日の食生活に取り入れてみてくださいね。
そして傷んだ髪を身体の中から元気にしてあげましょう!
関連キーワード

関連記事