まさか毎日摂ってる…!? 身近に潜む『ニキビ・肌荒れ』原因食品

まさか毎日摂ってる…!? 身近に潜む『ニキビ・肌荒れ』原因食品

一度できると治りにくく、痕が残りやすい大人ニキビ。今回は、ニキビと肌荒れの原因になる食品についてお話します。

ニキビ・肌荒れの原因となる食品は○○

憎き大人ニキビ。
肌荒れすると、本当に気持ちが下がりますよね。
そのストレスが、よりニキビを悪化させるという悪循環…。
もしかして肌荒れの元になる食品を摂りすぎていませんか?

【NG食品】:白砂糖
「白砂糖がきっと良くないと知りながらも、甘いものがやめられない…」という方は多いのではないでしょうか。
白砂糖は「百害あって一利無し」です。

●白砂糖のデメリット
(1)皮脂の過剰分泌
白砂糖を摂取し、血糖値が上がるとインスリンというホルモンが増加します。
それに伴い、皮脂も過剰に分泌されてしまうためニキビができやすくなるのです。

(2)血行不良
白砂糖を摂ると、体内でビタミン・ミネラルが吸収されてしまいそれらが不足状態になります。
ビタミン・ミネラル不足は血管を緩くし、血液不良を引き起こします。
その結果、新陳代謝やお肌のターンオーバーが乱れ、肌荒れを引き起こします。

(3)糖化
体のサビをよく『酸化』と表現しますが、体のコゲを『糖化』と表します。
コゲとはお肌が硬くなるイメージです。
細胞が硬くなりターンオーバーが乱れたお肌は、古くなった角質がたまってしまい、毛穴を塞ぎます。
毛穴詰まりも肌荒れの原因の1つとなるのです。

ニキビの大敵!白砂糖はどのくらいまで食べてOK!?

白砂糖の1日の摂取量は15~20gにおさえましょう。
以下はほんの一例ですがご覧ください。

【例】
コーラやサイダー(500ml):砂糖50g以上
ショートケーキ:砂糖約30g
プリン:砂糖約15g

デザートを食べるとそれだけで1日分の量まであっという間に到達してしまいます。
そして、意外とスイーツよりもジュースにはさらに大量の白砂糖が含まれています。
ペットボトルの甘いミルクティー・ストレートティーなども、もちろん注意が必要です。

もし毎日ジュースを飲み続けてしまったら、白砂糖摂取量が恐ろしいことに…。すぐに見直しましょう!
飲み物はお茶や水にし、お菓子・デザートも油断すると簡単に摂りすぎてしまうことを覚えておきましょう。

私たちの食生活から、白砂糖を完全に断つことはなかなか難しいと思います。
しかし、ニキビや肌荒れなどによる体の悪影響を防ぐためにも、なるべく自炊をする、ジュースを選ばないようにするなど、抑えられることは積極的に取り組みましょう。
関連キーワード

関連記事