腸を制する者は美を制す?ダイエットのために知っておきたいこと

腸を制する者は美を制す?ダイエットのために知っておきたいこと

「第二の脳」と呼ばれている腸。美肌やダイエットだけでなく、心と身体の健康にも欠かせないパーツだってこと、ご存知ですか?悩める女性、必見です!

ダイエットしても痩せない…こんなときは腸トラブルが原因かも?

「腸は第二の脳」
「腸内環境が肌のコンディションを決める」
そう言われているほど、腸は「美」を追求する上でおろそかにできない大切なポイント。
また、日頃の身体の状態は腸内環境と密接な繋がりをもつと言われています。

【腸が荒れてるかも?状態チェック】
次の項目の中で当てはまるものがある方は、もしかして腸トラブルが発生しているかもしれません。

・食生活が乱れがち
・気分に波があり、精神的に不安定になりやすい
・無気力に陥りがち
・睡眠をとっているのに、疲れがとれにくい
・些細なことでイライラしやすい
・集中力が続かない
・胃もたれや、お腹に不快感を感じやすい

【幸せホルモンは腸でつくられる?】
腸内環境が整っているときは、肌の状態も良く、精神面でも安定しやすいと言われています。
そこには「セロトニン」という精神伝達物質の存在が関係しているのです。
別名「幸せホルモン」とも呼ばれるこのセロトニン、実は95%が腸内で作られているのだとか。

腸内環境が整っている人は病気になりにくく、日常生活の中でも満足感や幸福を感じやすいです。
反面、腸トラブルを抱えている人はセロトニンが正常に分泌されていないため、ちょっとしたことで感情の波に呑まれやすいと言われています。
また、不足分を補おうとして脳が信号を出し、食欲旺盛スイッチが入ってしまうためおデブ化の原因にも。
ちなみに、腸内が健康的で美しい人のガスは、あまり臭わないそうです。
ダイエットや美容だけでなく、身体と心の健康のためにも腸トラブルの回避は必須なのですね。

3つのポイントを押さえ、ダイエット知らずの腸美人を目指そう!

では、どのようにしたら腸内環境を整えることができるのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

【腸内環境を整える3つのポイント】
1)ミネラルウォーターを飲む!
便秘のトラブルに悩んでいる方は、腸内で水分不足が起こっている可能性があります。
ミネラルやマグネシウムなどを含んだミネラルウォーターで、腸内を整えるサポートをしてあげましょう。
また、腸のぜん動運動を活発にさせる効果が期待できるため、炭酸水もオススメです。
なお、腸に届く水分は飲水した量のわずか10分の1ほど。体調に応じて、1日1.5~2リットルの水分補給をしてあげましょう。
その際は、一度に多く飲むよりこまめな水分補給を心がけてください。

2)食物繊維を積極的に摂る!
腸内には善玉菌と悪玉菌が存在します。腸内環境を整えるには、善玉菌を増やしていくことが大切です。
植物性食品を中心とした、食物繊維が豊富な食材を積極的に摂り入れましょう。
豆腐や納豆などの大豆類、サツマイモなどのイモ類、オクラなどのネバネバ食品、ヒジキやワカメなどの海藻類、バナナなどの果物類などがオススメです。
また、消化の働きを助けるヨーグルトなどの乳酸菌も合わせて摂るとより効果的です。

3)体幹(インナーマッスル)を鍛える!
適度な腹筋(アウター)はお通じを良くするために必要ですが、より大切にしたいのがインナーマッスル。
体幹が使えていると、身体の軸が安定するため見た目の美しさはもちろん、大腸の位置も正しい位置になるため、便秘などのトラブルを防ぎやすいと言われています。
姿勢が悪いと内臓の位置も下がり、胃袋にものが入りやすいため食べ過ぎてしまう可能性が増えますが、体幹でしっかり引き上げることによって食欲も自然と抑えられるなど、良いこと尽くめなのだそうですよ。

いかがでしたか?
これからの季節に備えて腸内環境を見直し、ダイエット知らずの健康美人を目指しましょう!
関連キーワード

関連記事