後ろ姿も美人を目指す!背中ニキビの原因になるNG習慣

後ろ姿も美人を目指す!背中ニキビの原因になるNG習慣

自分では見えにくい背中。実は意外な生活習慣が「背中ニキビ」の原因になっています。NG習慣を見直して、後ろ姿まで美人になりましょう!

「背中ニキビ」の原因となる、NG習慣とは?

背中は、自分では手も届きにくく、お手入れしづらい場所です。
でも、ブツブツの背中なんて、出来れば避けたいですよね?

一度出来るとなかなか治らず、しつこい「背中ニキビ」。
自分ではあまり見えていなくても、他の人からはしっかり見えています!
「背中ニキビ」の原因になるNG習慣を見直し、正しいケアを学びましょう。

【シャンプーやトリートメントの洗い残し】
入浴の際、きちんとシャンプーやトリートメントを洗い流せていないと、背中の毛穴を詰まらせ、ニキビの原因となってしまいます。

【背中をゴシゴシ洗う】
力を入れて洗ってしまうと、肌を傷つけたり、皮膚が乾燥する原因となってしまいます。
手で洗うだけで、十分汚れは落とせますので、優しく洗うようにしましょう。

【髪をすぐに乾かさない】
髪に残ったシャンプー等の成分が背中についてしまうと、ニキビの原因となります。
髪が乾くまでは、背中に髪がつかないように、気をつけましょう。

【保湿をしていない】
背中の乾燥が、ニキビの原因となる場合もあります。
背中の保湿はしていない、という方も多いのでは?

【同じパジャマを何日も着ている】
就寝中には、たくさんの汗をかき、パジャマにも寝汗がたっぷり染み込んでいます。
このパジャマを何日も着続けてしまうと、肌への刺激となり、ニキビの原因となってしまいます。
同じく、同じ肌着を何日も着るのはやめましょう。

【刺激の強い洗剤や柔軟剤を使っている】
洗剤や柔軟剤が衣類に残っていると、肌への刺激となります。
肌に直接触れるものなので、刺激の少ない無添加のものへ変えたり、すすぎを念入りに行うようにしましょう!

「背中ニキビ」を防ぐ!正しい背中のケア方法

顔と同じく、背中のケアにも「保湿」が欠かせません。
肌が乾燥すると角質がかたくなり、毛穴が細くなる為、毛穴が詰まってしまいます。
また、乾燥した肌を潤す為に皮脂が過剰分泌され、ニキビを引き起こします。

その為、入浴後には、化粧水やクリームを使用し、しっかりと保湿を行う事が重要です!
皮脂の過剰分泌を抑えてくれる、「ビタミンC誘導体」が含まれるものを使うのがオススメですよ。

NG習慣を見直すと共に、背中のケアをきちんと行い、ニキビのない綺麗な背中を手に入れましょう!
関連キーワード

関連記事