秋の味覚をより美味しく!「さんま」の栄養素について

秋の味覚をより美味しく!「さんま」の栄養素について

秋の味覚の1つである「さんま」。脂が乗って美味しいですよね!栄養も豊富なので、効能を知ってさらに美味しく頂いちゃいましょう!

栄養たっぷり!さんま(秋刀魚/サンマ)ってどんな魚なの?

さんまは体が刀状になっていて、秋の代表的な魚であるところから、漢字で「秋刀魚」と書くそうです。
ダツ目の回遊魚で、夏にオホーツク海などの北の海から始まって、秋には本州を通過し、冬に南の海へと向かいます。その後はまた北上していきます。

さんまの嬉しい健康効果とは?

【脳細胞を活性化】
必須脂肪酸の1つであるDHA(ドコサヘキサエン酸)。さんまなどの魚の脂肪分に含まれています。
DHAは、神経細胞の細胞膜を柔らかくして、学習能力や記憶力を高める働きをするそうです。
血中に含まれる中性脂肪の量を減少させるため、心臓病リスクを低くする働きもあるのだとか。
近年では認知症の予防にも効果があるのではないかと期待されています。

【血液をサラサラに】
不飽和脂肪酸の一種であるEPA(エイコサペンタエン酸)。さんまの脂肪分に含まれています。
血液をサラサラにする働きがあり、血液が詰まってしまう病気である、心筋梗塞や脳血栓などに効果的とされています。
EPAの効果は医学的にも証明されており、医療用医薬品にも使われています。ヒトの体内ではつくり出せず、魚以外にはほとんど含まれていません。

【イライラ防止】
人間の体内で最も多いミネラルの1つ、カルシウム。さんまにはカルシウムが豊富に含まれています。
筋肉や神経の働きに重要な役割を果たしています。
血中のカルシウムが不足してしまうと、血圧が高くなったり、不足分を補う為に骨の中からカルシウムが溶け出して、骨粗鬆症の原因になると言われています。
また、神経や脳の働きに必要なカルシウムの不足状態が続いてしまうと、ちょっとしたことでイライラしたり、興奮したりと不安定な状態になっていく要因となってしまいます。

【眼の機能を正常に保つ】
さんまにはビタミンAが豊富に含まれています。ビタミンAには、眼の機能を正常に保つ効果が期待されています。点眼液にビタミンAが含まれているものもあります。
網膜で光を感じるためには、「ロドプシン」という物質が必要だと言われており、ビタミンAは体内でロドプシンを作る際に必要な栄養素です。
ビタミンAが不足し、ロドプシンの合成量が少なくなってしまうと、光を過剰にまぶしく感じたり、夜間に視力が低下して、はっきりと物が見えなくなる夜盲症になる可能性があるのだとか。

【パワーアップ】
たんぱく質は、体を構成する細胞質の主成分で、身体のさまざまな部分を構成しており、大変重要なエネルギー源となる栄養素です。
たんぱく質が不足してしまうと抵抗力が弱まるため、病気になりやすくなる可能性があります。脳のはたらきも鈍って、思考力や記憶力が低下してしまいます。
卵類や肉類も良質なたんぱく質食品と言えますが、摂取量が増えると動物性脂質のとり過ぎになってしまう危険性がありますが、魚に含まれる良質なたんぱく質は、逆にメタボを予防する効果が期待できると言われています。

健康に嬉しい栄養素ばかりですね!
さんまを美味しく食べて健康に秋を過ごしましょう!
関連キーワード

関連記事