ガサガサかかとには特製フットバスで綺麗な足裏を目指しましょう

ガサガサかかとには特製フットバスで綺麗な足裏を目指しましょう

お手入れをしないとガサガサになってくるかかと。おうちで特製フットバスを作ってスッキリしてしまいましょう!

ガサガサかかとは何でできてしまうの?足裏が硬くなる理由

かかとや足の裏は歩く際に一番最初に地面につき、体重を支えている場所です。外から多く負担、圧力がかかるため、そこから皮膚を守るためにだんだんと硬くなっていきます。
そして、かかとには元々皮脂腺がないため、油分が不足して乾燥していきます。硬くなったかかとがガサガサとしていきます。代謝がよければこのガサガサしてしまったかかとも古い角質となるわけなので、自然と剥がれ落ちていくのですが、代謝が悪いとこの古い角質がどんどん蓄積されていきます。

自然と落ちていかなくなった角質はしっかりとお手入れをしてあげることが必要です。

ガサガサかかとには特製フットバスを!

かかとや足裏のお手入れって何をしたらいいのか良くわかりませんよね?軽石ややすりでこすったり、専門のエステに行ってみたり…。
しかし、おうちのお風呂で簡単に綺麗になれるフットバスが作れてしまうんです!用意するものは以下の通りです。

・うがい薬(リステインなど) コップ1杯
・酢 コップ1杯
・ぬるま湯 コップ2杯

上記のものをお風呂場の桶などにすべて入れ、足を10分ほどつけます。軽くシャワーで流したら、タオルで拭きます。そうするとなんと足の角質がポロポロと取れてくるんです!角質がポロポロ取れてくるのでタオルにつくのが嫌な方は、ティッシュやキッチンペーパーなどを使って拭くのもいいでしょう。
拭き終わったら、保湿クリームを塗って完成です!

いかがですが?これから乾燥の季節がやってきます。足先まで保湿をしっかりして足美人になりましょう!

関連記事