GINGER BEAUTY AWARD アーカイブ③ マツエク人気衰退で、マスカラに再び熱視線

GINGER BEAUTY AWARD アーカイブ③ マツエク人気衰退で、マスカラに再び熱視線

『GINGER BEAUTY AWARD』を改めて読み解くシリーズコラム。
ここからまた見えてくる、アラサー女子の新リアルビューティ!!

この数年間で大きく変わったまつ毛トレンド。マツエク人気が低迷するなか、マスカラ信仰再び?


まつ育はココ。スカルプDの3大ヒットアイテム

マスカラ、つけま、まつ毛パーマ、マツエク……若い頃からまつ毛を酷使してきたGINGER世代。まつ毛問題は切実です。 だから、ヘアケアで一目置かれるアンファーのまつ毛美容液の登場は、本当にありがたかったはず。2014年の上半期目力部門では、アイシャドウやマスカラといった主力アイテムではなく、<スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュ>が金賞を獲得。 “マスカラを塗るのが楽しくなるほどまつ毛が太く濃くイキイキしてくるのを実感” 手に取りやすい価格も人気に拍車をかけました。   2014年下半期は、リキッドタイプの<スカルプD ボーテ ピュアフリーアイライナー [ブラック]>が、漆黒ライン&まつ毛ケアをかなえる2in1機能が評価され、ステディコスメの頂点に。   2015年上半期で選ばれたマスカラの新色<スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュマスカラ [ダークブラウン]>は、美容感度の高い美GINGERたちのお気に入り。やさしい印象のブラウンマスカラは仕上がりの美しさもさることながら、まつ毛が抜けにくくなったと、トリートメント効果も注目されたよう。   

2015年下半期のトップ3はマスカラ

  『GINGER BEAUTY AWARD』では、目元アイテムを一括ランキング。これまでアイシャドウ、アイライナー、マスカラと票が分散していましたが、2015年の下半期のトップ3はすべてマスカラ!!   国産メーカーフローフシのこだわり満載の<モテマスカラ ONE リフトアップ>は、高濃度イオンを発する美容成分「エンドミネラル」を配合。 “目元の印象ごとピン!と持ちあがる未体験の仕上がり。瞳がキレイに見える漆黒も◎” コメントにもあるように、そのリフトアップ効果は期待大です。 ヘレナ ルビンスタインの新作<ラッシュ クイーン クリーンボリューム ブラック>は、カール&ボリューム力がダントツ。メイベリン ニューヨークの<ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナル 01>は、ブラシが扱いやすく、キレイな仕上がりが続きます。   GINGER世代がマスカラに帰ってきた!! きれいの進化は、美まつ毛なしでははじまりません。   

関連記事