排卵日やPMSも恐くない!この時期に摂取するといい栄養素とは?

排卵日やPMSも恐くない!この時期に摂取するといい栄養素とは?

生理期間以外にも、だるくてしんどいのが排卵日やPMS期。少しでも快適に過ごしていくためにはどうしたらよいのでしょうか?

排卵日やPMSの時に摂取すると良い栄養素とは?

女性にとって、生理期間はもちろんですが、排卵日や生理前も身体が重くて憂鬱になりますよね。
そんな時期を少しでも快適に乗り切るために、この時期に摂取すると良い栄養素があるようなので、ご紹介していきたいと思います!

排卵日には卵を食べよう!

排卵日を迎えたら、卵を積極的に摂取するといいそうです。卵や種実類は、東洋医学的に生命の源とされているそうで、それくらい良質なビタミンやミネラル、たんぱく質が含まれています。
排卵日のタイミングでそれらを補給して備えてあげると身体が喜びます。
いくらやキャビアなどの魚卵は特にオススメです。

排卵日やPMS期にはビタミンB6とビタミンCを摂取せよ!

生理前になると、女性は血中のビタミンB6濃度が低下して、PMS期のイライラ感が悪化してしまうことがあります。エストロゲンの代謝にビタミンB6が使われてしまうためだそうです。
ビタミンB6が多く含まれている食品(豚肉や牛肉、ピーナッツや魚の赤身部分など)を食べて補給しましょう。
また、女性ホルモンバランスを崩す原因の1つである活性酸素を撃退してくれるビタミンCも大事です。レモンやピーマン等で摂取できます。
生理前は特にこの2つのビタミンを抑えておきましょう。
関連キーワード

関連記事