食べ続けるほど老化現象?いつもの○○がシワ・たるみの原因?

食べ続けるほど老化現象?いつもの○○がシワ・たるみの原因?

パン、パスタ、ピザは美味しいですよね。しかしそれらに含まれる小麦のグルテンが老化を促進させることを知っていますか?

あなたを悩ませるシワなどの老化現象。原因は小麦!?

年齢を重ねるほど増える、シワ・シミ・たるみ・肌荒れなどのお肌の悩み。
いつまでも美肌をキープするのは、永遠のテーマですよね。

しかし、アンチエイジングの敵は身近に潜んでいます。
その1つが『小麦』。

食の欧米化が進み、日本人も小麦を多く消費するようになりました。
小麦に含まれる『グルテン』というたんぱく質は、パンを膨らませる成分であり、中毒性があるのが特徴です。
実は、このグルテンが老化を促進させるという研究報告があります。

【グルテンのデメリット】
●糖化
アンチエイジングのポイントは抗糖化。
糖化とは体内のたんぱく質と糖が結びつき、AGEsという老化促進物資を生む現象です。
残念ながら、グルテンは糖化を促します。

●腸への負担
グルテンは腸にへばりつく性質があります。
腸の健康は美肌と直結しているので、腸内環境が悪いと肌荒れを起こします。
肌荒れに悩んでいる方は、もしかして小麦を摂りすぎていませんか?

老化防止の対策!『グルテンフリー』に挑戦してみよう

グルテンフリーとは、普段の食生活から小麦を控えるというシンプルなものです。

ただ、栄養士やアンチエイジングフードマイスターなどの食に関する資格を保有している筆者の考えとしては、小麦をこの先二度と食べないようにするくらい、過剰に避ける必要もないと思います。
しかし、毎日のように食べてグルテンを摂りすぎてしまうと、老化に繋がることは間違いないでしょう。
この事を意識した上で、あなたの食生活を調整してみてください。

主食は、小麦ではなく米や蕎麦がベストです。
そのためオススメは、やはり和食中心の食事。
和食は、ほぼグルテンフリーだと言える健康美容食なのです!

パンでも米粉パンならOKです。
その他のパンを食べる時は、白いものより全粒粉パン、玄米パン、麦パンなどの茶色いものを選びましょう。
なぜなら、色の濃いものの方が血糖値の上昇がゆるやかだというメリットがあるからです。

食べれば食べるほど老化を進ませるグルテン。
将来、シワ・たるみなどが目立つお顔にならないためにも、今からの『食』の選び方が重要です。
こだわり過ぎるのではなく、無理のない範囲で何より長く続けることが大切ですよ!
関連キーワード

関連記事