即実践!正しいシャンプーと乾かし方で冬も憧れのうるツヤヘアに

即実践!正しいシャンプーと乾かし方で冬も憧れのうるツヤヘアに

冬になると年々気になる「髪の乾燥」。シャンプー&ドライをほんの少し変えるだけで、驚きのツヤツヤヘアになれちゃうかも

毎日のシャンプー&ドライ。ほんの少しの工夫で驚くほどツヤ髪に

「髪は女の命」とは昔からよく言ったものですが、冬になると特に乾燥が気になる方も多いのでは?実はお肌と同じように髪も空気の乾く冬に近づくにつれて乾燥します。しかもこの髪の乾燥は、きちんとケアしていても年を重ねるごとに進行してしまうのです。では少しでも乾燥を防ぐためにはどうしたらいいのか?カギは毎日のシャンプー&ドライにありました。

①目から鱗の正しいシャンプー方法
まず、シャンプーの頻度ですが美しい髪のためには毎日必ずした方がいいそうです。乾かすのが面倒で「冬は2日に1回」、なんて方も多いと思いますが、冬でも頭皮は主に寝ているときに目に見えない汗をたくさんかいているもの。顔を洗わない日はないように、髪の毛も毎日きちんと洗ってあげましょう。
次にシャンプーのつけ方ですが、頭皮を中心にお湯で軽く洗ったあと、良く泡立ててこちらも頭皮をマッサージするように洗っていきます。実は普通に生活していると髪自体はそんなに汚れないそう。頭皮をしっかり洗ううちにシャンプーが髪の毛に浸透していくので十分だそうです。最後に洗い流す時の注意点として、すすぎ残しのないように色々な角度からシャワーを当てながらじっくり時間をかけて流します。

②少しの工夫で差がつくトリートメントのつけ方
シャンプーのあと、髪の水気を切ったらトリートメントをつけていきます。この時毛先をねじりながら、トリートメントを髪の内部に詰め込むようになじませると成分が浸透しやすくなります。トリートメントは頭皮に詰まりやすいので頭皮は避けて毛先中心につけるように注意しましょう。5分ほど置いて洗い流すと、トゥルントゥルンの指通りに!

③最後が肝心!傷ませずしっとり感触の髪に仕上げるドライ術
濡れている状態の髪はとってもデリケート。負担のかかるブラッシングなどはせずに、手ぐしで整えながら乾かしていきましょう。ドライヤーは10cm程度離して、温風で根元から乾かしていきます。前述のとおり髪は濡れている状態の時がとても傷みやすいので、くれぐれも途中で乾かすのを辞めたりせず、水分を感じなくなるまできちんと乾かしましょう。次が1番のポイント!熱を当てた髪の毛はキューティクルが開いている状態なので、100%まで乾かしたら、最後に必ず冷風を当てましょう。このひと手間で髪のキューティクルが整い、驚くほどツヤと潤いが出るんです。

このように、ほんのひと工夫で冬でもうるツヤヘアをキープできるんです。
さっそく今日から実践して、周りの人から「あれ?髪きれいになったね」なんて言われたいですね!
即実践!正しいシャンプーと乾かし方で冬も憧れのうるツヤヘアに

関連記事