体脂肪を効果的に減らすには筋トレが必要?

体脂肪を効果的に減らすには筋トレが必要?

なかなか減らない体脂肪は筋トレを行うことで効率よく落とすことができます。

筋トレがもつ2つの効果とは?

筋トレと聞くとどのようなことをイメージするでしょうか。筋肉がムキムキの男性を思い浮かべる人が多いかもしれません。

しかし筋トレは2つも効果を持っています。1つめは筋肥大です。これこそがいわゆるムキムキになれる効果のことです。2つめに体脂肪燃焼です。体脂肪燃焼とは筋肉をつけることで体脂肪を燃焼しやすい体に変えていくことができるのです。そのため太りにくい体質に改善することが可能になります。

また筋トレは基礎代謝をあげることができます。基礎代謝をあがれば運動している間はもちろんのこと仕事や睡眠、家でくつろいでいるときでも摂取したカロリーを消費し続けることができるのです。筋肉量が多ければ基礎代謝は高くなるため体脂肪を減らすには筋トレをおこなうとよいのです。

体脂肪を減らすための筋トレとは?

体脂肪を落とすために筋トレをおこなおうと考えたときに、筋トレは難しそう、ジムなどに行ってトレーナーと行わなければできない、家でおこなうのは難しいのではないかと考える人もいますが、自宅で簡単に行える筋トレもあるため知っておくとよいでしょう。

お腹の脂肪が気になる人はスクワットを推奨します。スクワットは太ももやふくらはぎの筋肉を鍛えることができ、これらの筋肉は人間の筋肉の中で一番大きくカロリーも燃焼しやすいです。そのため足の筋肉をつけることで代謝をあげる効果があり体脂肪を燃焼しやすくなります。

また自分の体重で負荷をかける腕立て伏せやブリッジ、背筋を鍛えるためのうつ伏せから背中を上へ反る筋トレ方法などの自重トレーニングも効果的です。

筋トレと合わせて行いたい有酸素運動

体脂肪を効率よく減らすために筋トレを推奨しましが、筋トレだけをおこなえばよいというものでもありません。筋トレと有酸素運動を両方組み合わせて行うことでより体脂肪が落ちやすい体づくりを行うことが可能なのです。

この2つを組み合わせるうえでおさえておきたいポイントがあります。まず筋トレをおこなってから有酸素運動をおこなうという順番を守ることです。これは先に筋トレを行うことで成長ホルモンが分泌され脂肪が分解されます。その分解された脂肪が血の中に出され、消費されやすいように準備がさえる状態を作れるためです。

次に有酸素運動は最低でも30分程度連続しておこないます。そうすれば有酸素運動開始後20分前後でようやく脂肪が燃焼しはじめるためです。このように筋トレを上手に取り入れましょう。

関連記事