シートパックを正しく使って乾燥ケア

シートパックを正しく使って乾燥ケア

すぐに手に入るシートパックを効果的に使用して、乾燥から最大限にお肌を守る方法を伝授します!

シートパックで乾燥ケアをする為に

気になる肌の乾燥。慢性化してしまうと、肌がくすみ、ちりめん皺や法令線が目立ってくるだけではなく、乾燥を緩和させる為に肌から皮脂が分泌され、毛穴が広がったり、肌のたるみや、目の下のクマなど、実年齢より老けて見られてしまう事態に繋がってしまいます。
そこで、簡単に取り入れられるシートパックは乾燥肌やアンチエイジングの強い味方と言えるのです!

シートパックは夜のスキンケアに取り入れている方も多いと思いますが、朝メイク前のシートパックが乾燥肌対策にはとても効果的です。
メイク前にしっかり肌を潤す事で化粧ノリが良くなるのはもちろんですが、うるおい効果で余分な皮脂が出にくくなり毛穴開きや化粧崩れも防ぎ、更にファンデーションでうるおいを閉じ込めるのでインナードライ肌も防ぐと言われています。
忙しい朝こそ、シートパックを取り入れてイキイキ綺麗なつや肌をキープしてくださいね。

シートパックの間違えた使い方って?

乾燥肌の強い味方のシートパックですが、間違えた使い方で余計に肌を乾燥させてしまう事も…。
以下の点に注意して、使用してみてくださいね。

【長時間の使用は避ける】
乾燥が気になる時や、高いシートパックを使用する時などは特に、長時間パックをしてしまいがちですが、時間と共にマスクの美容成分が蒸発してしまい、本来肌にあるうるおい成分をシートが奪ってしまいます!
どうしても長時間パックをしたい時は、シートパックの上からラップやシリコンマスクなどを使って、蒸発を防ぎましょう。
ただ、ラップやシリコンマスクを使用しても10分以上のパックはおすすめできません。

【パック後に放置する】
せっかく肌にうるおいを与えても、何も塗らず放置してしまうと、美容成分が蒸発してしまいます。
シートパック後は必ず、油分を含んだスキンケアを加えて、お肌のうるおいに蓋をしましょうね。

【毎日の使用を避ける】
最近では、枚数も多く機能性も高いシートパックがたくさん売り出されています。
それを大量購入して毎日朝晩シートパックしている…という話を聞きますが、あまりおすすめできません。
シートパック後はしっとりもちもちとした肌になり、化粧水と同じ感覚で毎日取り入れたい気持ちになりますが、毎日の使用で肌のうるおいを保つ機能が弱まってしまうのです。
つまり、栄養の与えすぎで肌が傲慢になり自分で潤す力が弱まってしまい、加齢に拍車をかけてしまう事になりそう。
20代、30代なら週に3、4回程度にとどめておくと良さそうです。

お手軽なシートパックを正しく使って、乾燥知らずの潤い肌を育ててくださいね!
関連キーワード

関連記事