知っていますか?月経にまつわる病気の症状

知っていますか?月経にまつわる病気の症状

生理の問題って、なかなか他人とは比べられないからつい見逃してしまいがち。私もそのうちの1人でした。今回は代表的な病気の症状をお伝えしますね。

症状を見逃してしまいがち!月経不順

【月経不順とは】
周期が24日以内に次の月経が起こることを「頻発月経」と呼びます。この場合、排卵が起きていないこともあるそうなのです。
逆に、39日以上周期が空くことを「稀発月経」と呼びます。
いずれも、脳の視床下部がストレスやダイエットなどの影響を受けてしまうことで、女性ホルモンの分泌を卵巣に指令できていない可能性があります。
月経の期間も3~7日から外れている場合は要注意です。

【これを放っておくと】
「頻発月経」と、生理期間が2日以内の「過短月経」は、無排卵に繋がる可能性があります。
逆に、月経が3ヶ月以上空くと、不妊の原因である「続発性無月経」に繋がる可能性が。
周期は生活リズムの乱れに左右されやすいので、くせにならないように気を付けるようにしましょう。

基礎体温で一目瞭然!無排卵月経

【無排卵月経とは】
細胞の成熟が途中で止まり、排卵せずに生理を迎えてしまうことを言います。
経血量が少ないために、多い日でもナプキンを取り替える回数が少ないのが特徴です。症状がこれくらいしかないために発見しづらいのですが、基礎体温を記録することでわかる事が多いそうです。
激しい運動やストレス、不摂生、多のう胞生卵巣症候群のような病気が原因にもなります。

【これを放っておくと】
排卵していないため、今すぐの妊娠ができず、将来不妊になる可能性も高まります。
さらに重度になると、卵巣機能も衰え、更年期障害に似た症状や、骨粗しょう症に見舞われる危険もあります。


女性ならではの悩みですが、日々の生活習慣や食事をもう一度見直したり、なるべくストレスを溜め込まない方法を見つけてみてくださいね。
それでも良くならない場合は、1人で悩まずお医者さんに相談してみることをオススメします。

関連記事