いつもの洗顔料にプラスαでワンランク上の保湿肌に

いつもの洗顔料にプラスαでワンランク上の保湿肌に

いつも使っている洗顔料がなんだか物足りなく感じる時は身近な物をプラスαしちゃいましょう!

洗顔料にプラスで保湿ができる裏技

寒くなってくるとお肌の乾燥が気になりますよね。
洗顔後もお肌のつっぱりやかさかさを感じやすくなります。
そこで、いつもの洗顔料にプラスαの一工夫でつやつや保湿肌を手にいれちゃいましょう。

【粉ミルク】スキムミルクなどの粉ミルクを、泡立てた洗顔料に粉末のまま小さじ半分程加えると、保湿効果がアップします。

【ミルク】洗顔料とミルクを洗面器に入れ、空気を含ませるように泡立ててみてください。ふわふわの泡ができ、汚れをしっかり落とす事ができます。また、ミルクのタンパク質で肌に保湿膜ができるので洗い上がりもしっとりします。

【豆乳】こちらもミルク同様、洗面器に洗顔料と豆乳を入れ泡立てます。豆乳に含まれるイソフラボンがしっとり肌へ導いてくれますよ。また、キメが整い美白効果も期待できます。

【オイル】ベビーオイルやココナッツオイル、ホホバオイル、オリーブオイルなどお好みのオイルを泡立てた洗顔料に少量加えるだけで洗い上がりがモチモチにかわります。汚れもよく落ちるので洗顔後の化粧水の入りもよくなりますよ。

洗顔後の注意点

しっかり洗顔した後にタオルなどでごしごしと肌をこするような拭き方は絶対にNGです。肌をこする事で肌を傷つけてしまいます。
肌が傷つく事によって乾燥がひどくなってしまったり、皮剥けの原因になってしまう可能性もあります。
洗顔後は濡れた状態のままでプレ化粧水などで保湿し、ティッシュで優しく水分を拭き取りましょう。
真冬の乾燥に備えて今日から保湿洗顔に励んでみましょう。
関連キーワード

関連記事