食べるだけ?「生理痛・頭痛・貧血」に効くとっておきの食材とは

食べるだけ?「生理痛・頭痛・貧血」に効くとっておきの食材とは

女性の悩みの1つ、生理痛。程度の差はあれ、腹痛や頭痛、貧血などの症状が出る方も多いのだとか。
今回は食事によるオススメの対策をご紹介します!

生理痛の諸症状である腹痛や頭痛、貧血などの原因と症状って?

生理中の症状として最もポピュラーなのが腹痛ですよね。
主に、下腹部の痛みが特徴的で、女性の半数の方が経験しているとも言われています。
次に挙げられる症状が、腰痛、だるさや冷え、頭痛や貧血などの諸症状です。

これらの生理中の症状には、あるホルモンの分泌が密接な関わりをもっています。
生理中に感じる不調の原因について見ていきましょう。

【生理痛の原因とは】
人の体内で作られ、生理活動に影響を与える「生活活性物質」。
その物質の1つに「プロスタグランジン」というホルモンがあります。
女性の場合、生理の周期に合わせてこのホルモンが分泌されるのだそう。

プロスタグランジンは、子宮の収縮を促し経血をスムーズにしてくれる反面、炎症や痛みを感じやすくさせることもあります。
腹痛や腰痛、だるさや吐き気などの症状が出ているときは、過剰分泌の可能性が高いと言われています。
裏を返せば、分泌の少ない場合は、生理痛をほとんど感じないのだとか。

また、病院で薬を処方してもらう生理痛に効く薬には、プロスタグランジンの分泌を抑える成分が含まれているのだそう。
この他にも、頭痛や貧血などの症状を引き起こす原因としては「エストロゲン(女性ホルモン)とセロトニン(脳内ホルモン)の減少」や「出血による鉄分不足」が考えられると言われています。

生理痛をやわらげてくれる「オススメの食材」とは!

女性を悩ませる生理痛のさまざまな症状。
ですが、その痛みを緩和してくれる食材もあるのをご存知でしたか?

【生理痛に効くオススメの食材とは】
◯青魚(サバ、イワシ)・ウナギ・サケなど
青魚などに多く含まれるDHAが、子宮の過剰な収縮による痛みを抑制し、血流を良くしてくれます。主に、腹痛にお悩みの方にオススメ。

◯大豆・ゴマ・アーモンドなどのナッツ類など
これらの食材に含まれるマグネシウムやビタミンB6が、女性ホルモンの代謝を上げ、子宮の収縮を弱めてくれます。
また、上記に含まれるトリプトファンは、セロトニンの減少を食い止めてくれるとも言われています。主に、腹痛や片頭痛にお悩みの方にオススメ。

◯卵・乳製品・玄米・ひじきなど
これらの食材に含まれるマグネシウムやビタミンB2が、頭の痛みをやわらげたり、予防してくれます。主に、片頭痛にお悩みの方にオススメ。

◯マグロ・牡蠣・サンマ・レバーなど
これらの食材に含まれる亜鉛やビタミンB6が、女性ホルモンを活性化させてくれます。こちらも主に、片頭痛にお悩みの方にオススメ。

◯小松菜・ほうれん草・プルーンなど
これらの食材に含まれる鉄分が、ヘモグロビンの生成を助けてくれます。主に、貧血にお悩みの方にオススメ。

◯生姜・カボチャ・大根・ゴボウ・ニンジン(根菜類)など
これらの食材に含まれるビタミンEが、身体を温め血行を促進させてくれます。主に、冷えにお悩みの方にオススメ。

いかがでしたか?
ツライ時の女性の味方となる食材を生活の中に上手に取り入れ、毎日を笑顔で過ごしたいものですね!
関連キーワード

関連記事