美容にも老化予防にも!旬の「リンゴ」でアンチエイジングケア!

美容にも老化予防にも!旬の「リンゴ」でアンチエイジングケア!

リンゴは、美肌作りだけでなく、アンチエイジングにも効果的って知っていましたか?
旬の果物「リンゴ」の驚くべき美容効果をご紹介します!

リンゴに秘められた驚きの美容効果(1)アンチエイジング効果

冬の旬な果物の1つ「リンゴ」。
何気なく目にすることも多いですが、実は女性にとって嬉しいことがいっぱいの果物だったんです!
その優れた美容効果について、見ていきましょう。

【アンチエイジングに】
リンゴに含まれる成分「リンゴポリフェノール」。
赤ワインなどで有名なポリフェノールですが、リンゴに含まれるポリフェノールは、カテキン、プロシアニジン、エピカテキン、ケルセチン配合体など数種類もの成分から構成されています。
ポリフェノールの特徴と言えば、抗酸化作用。
肌の老化を防ぎ、美肌作りへと働きかけてくれると言われています。
食べるだけでアンチエイジング効果が期待できるのは、嬉しいポイントですよね。

リンゴに秘められた驚きの美容効果(2)美肌効果

【美肌ケアに】
先に紹介したリンゴポリフェノールはアンチエイジングケアや、シミ、シワの予防に効果的。
ですが、リンゴはその他にも「カリウム」「クエン酸」「ビタミンC」など美容にとってプラスになる成分を多く含んでいます。

カリウムはむくみ対策に、また、クエン酸は代謝を活発にする効果が期待できるのだとか。
そして見過ごせないのが、リンゴに含まれるビタミンCの存在です。
本来、ビタミンCは熱に弱く調理に向かないという性質をもっていますが、このビタミンは「酸化型ビタミンC」と言って、加熱調理をしても栄養が壊れないのだそう。
コラーゲンの生成を助け、美白や美肌効果の期待できるビタミンCを効率良く摂れるため、きめ細やかな肌を整えるにはもってこいの果物なんです。

リンゴに秘められた驚きの美容効果(3)デトックス効果

【デトックスに】
リンゴには、食物繊維も多く含まれています。
「リンゴペクチン」と呼ばれるその食物繊維は、腸内のビフィズス菌を増やし、便を固くするのを防いでくれるのだとか。
それにより腸内環境が整い、デトックス効果が期待できると言われています。

ちなみに、リンゴペクチンは食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれる働きもあるのだそう。
また、リンゴ1つ(中玉)で約135カロリーと低カロリー、かつ中性脂肪の減少にも働きかけてくれるそうなので、ダイエット中の方にもオススメなんです。

美肌にもアンチエイジングケアにも。
旬の果物リンゴを美味しく食べて、今冬は誰よりもきめ細やかな美肌美人を目指しましょう!

関連記事