良い笑顔は良い歯から!正しい歯磨きのために必要なこと

良い笑顔は良い歯から!正しい歯磨きのために必要なこと

良い笑顔は良い歯から!意外と見られている歯、キレイを保ちたいですよね。そこで今回は歯磨きにおいて大切なこと、教えます!

良い歯作りと歯磨きの関係性って…?

意外と見られている歯。
良い笑顔を作るためにも良い歯を保ち続けたいですね!
しかし、毎日のように歯医者に通ってメンテナンスをしてもらうのは不可能に近いですよね。
なので今回は、毎日の歯磨きに一工夫して、良い歯を保ち続ける方法をご紹介致します。

その前に、まずは良い歯と歯磨きの関係性について、そして歯磨きをしないと口内にどのような影響が出るのかご紹介いたします。

1. 虫歯
人は毎日何かしらものを食べますね、その際に汚れや垢が歯に付着していきます。
そこで毎日きちんと歯磨きで汚れや垢を落としていけば良いのですが、歯磨きをしないことでどんどんと汚れや垢が溜まっていき、菌の繁殖がしやすい状況になってしまいます。
その結果、虫歯になってしまうのです。
毎日きちんと歯磨きをしていても、磨き残しが原因で虫歯になってしまう人はたくさんいる訳ですから、歯磨き自体を怠るのはさらに虫歯を進行させてしまいますね。磨かないより磨くほうが虫歯に発展しにくいので、きちんと磨くことで歯をキレイに保つことができます。

2. 歯周病
名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?
実はこれも歯磨きをしないことで起こる病気の1つです。
歯磨きをしないと汚れや垢が口内に付着します。それらを放置することで細菌が発生、繁殖、歯肉へと移動し炎症を起こします。
炎症を放置してしまうと、歯を支えるための骨を溶かし歯が抜けてしまう原因にもなってしまいます。

3. 口臭悪化
見た目では分かりませんが、歯磨きをしないことで口臭が悪くなってしまいます。
歯を磨かないと口の中がネバつくなど不快な経験はありませんか?特に寝起きなどは少しネバつき、臭いも普段よりきついことがありますね。
それは歯に付着した汚れや垢が原因です。この汚れや垢が溜まり、菌が繁殖します。
この菌が繁殖した状態の時、口内のネバつきや口臭の悪化に悩まされることになります。

良い歯を保つためには、毎日の丁寧な歯磨きは必要不可欠ですね!

良い歯のための歯磨き方法

歯磨きをきちんと行うことで、色々な影響を回避できることがわかりました。
しかし、歯磨きの方法によっては歯周病を招いてしまうこともあります。
そこでここでは正しい歯磨きの方法を簡単にご紹介致します。

・ 歯を磨くタイミング
1日3回毎食後に歯磨きをすることが理想ですが、中には忙しくて難しい方もいらっしゃるかもしれません。ですので、朝と夜に1回ずつを目標にしましょう。
夜は寝る直前、朝は起きてすぐが理想です。
また、食べてすぐは歯のエナメル質を傷める原因となってしまうので、30~40分時間をおいてから磨くようにしましょう。

・ 歯ブラシの硬さ
歯ブラシの硬さには一般的に、普通、硬め、やわらかめの3種類ありますね。
これらは個人で自分に合ったものを見つけるようにしましょう。
特に問題がない場合は普通で大丈夫だと思いますが、歯茎からの出血が多い人はやわらかいもの、磨く力が弱い人は硬め、などお好みを見つけてみてください。

・ 磨き方、歯磨き粉の量
磨き方はゴシゴシと強く押し付けないようにしましょう。
強くゴシゴシと磨くことで、知覚過敏になってしまうこともあります。
磨く強さは歯ブラシの毛が広がらない程度で大丈夫です。感覚としては、磨いて汚れを落とすではなく、歯ブラシの毛で汚れを掃うです。
また、歯磨き粉のつけすぎに注意しましょう。
研磨剤を含んでいる歯磨き粉を毎回多量につけ磨くことで、知覚過敏へと導いてしまう可能性があります。
適量であれば歯に影響は出ませんので、多量より適量を心がけましょう。

他にも歯の並びや形によって磨き方は変わってきます。
今ではデンタルフロスや歯間ブラシなど様々な商品が出回っていますので、自分に合ったものを見つけて、是非キレイな歯を保ち続けてください!
関連キーワード

関連記事