キレイな歯を保つために!摂りたい食べ物、控えたい食べ物

キレイな歯を保つために!摂りたい食べ物、控えたい食べ物

良い笑顔は良い歯から!意外と見られている歯をキレイに保ちたい。毎日の生活、食べ物からも気を付けてみませんか?

キレイな歯を保つための食べ物はありますか?

意外と見られている歯、いつもキレイに保ちたいですよね。
しかし、毎日きちんと歯を磨いていても虫歯になってしまったりと、保ち続けるのは難しいですね。
キレイな歯を保つためには、内側からのケアも大事になってきます。
そこで今回は、キレイな歯を保つために摂りたい食べ物、控えたい食べ物をご紹介致します!

○キレイな歯を保つために摂りたい食べ物

・ 柑橘類
ビタミンCが豊富な柑橘類は歯におすすめです!
ビタミンCが足りないと、歯茎に出血が起こる場合があります。
良い歯のために歯茎は健康な状態をキープしなければいけません。
そのためにビタミンCはとても大切な成分になりますね。
しかし、シトラス系の食べ物は歯のエナメル質を柔らかくしてしまうことがあります。
食べすぎには十分注意しましょう。

・ 乳製品
カルシウムや乳酸菌が豊富に含まれている乳製品もおすすめです。
乳酸菌には歯の衰えを予防する効果が期待できます。
カルシウムは歯を強くし、口内の病気予防に役立ってくれます。
特にチーズにはたんぱく質、カルシウム、リンが豊富に含まれており、口の中の酸を保護する働きをしてくれます。

・ 野菜類
これらは噛めば噛むほど唾液が出やすくなります。
唾液が出ることで、口内が歯を守る状況になります!
特にセロリやカリフラワーがおすすめです。
またサラダには、噛むとき歯の表面をキレイにする効果が期待できます。
食べながらキレイにしてくれるのはとても有難いですね。

・ 林檎
海外では「1日1個の林檎は医者知らず」ということわざが作られるほど林檎は身体に良いって知っていましたか?
それは歯にも同じことなんです。
林檎は歯の表面をキレイにしつつ、菌やプラーク、汚れなどの付着を軽減してくれます。
他にも噛めば噛むほど唾液が出やすくなり、歯を守る状況を作り出してくれます。

キレイな歯を保つために控えたい食べ物

キレイな歯を保つために摂りたい食べ物をいくつかご紹介させていただきました。
次に、キレイな歯を保つために控えたい食べ物をご紹介致します。

○キレイな歯を保つために控えたい食べ物

・ 砂糖を多く含む飲料
特にソーダなど砂糖を多く含む炭酸ジュースは控えることをおすすめします。
少量ずつ飲むことで歯に非常に悪い影響を与えます。
一定時間毎に歯に粘性の糖分が付着すると、バクテリアの繁殖を促すことになってしまいます。
歯の健康だけを考えるのであれば、少しずつ飲むのではなく、可能な限り早く飲み干すことををおすすめします。

・ 飴やキャラメルなど
砂糖を多く含む飲料と同様、これらは長い時間口の中に粘性の糖分の塊を入れることになります。
結果、バクテリアの繁殖が促すことになり歯の健康を害してしまいます。

・ ドライフルーツ
栄養価も高い食べ物で知られるドライフルーツ、健康面ではとても良いのですが、歯にとっては少し厄介な食べ物の1つです。
ドライフルーツは歯にくっつきやすく、糖分を多く含みます。
結果、バクテリアの増殖を招いてしまいます。
食べた後は放置せずに歯磨きなどで口内をキレイにすることをおすすめします。

・ スナック菓子
ポテトチップスやクラッカーなどのスナック菓子は歯につきやすい食べ物の1つです。
他に、糖もたっぷり含むためバクテリアの繁殖を招くなど、歯に多くの悪影響を与えてしまいます。
ドライフルーツ同様、食べた後は放置せず口内をキレイにすることをおすすめします。

他にもたくさんありますが、今回は身近なものをご紹介致しました。
これらをよく摂取する方は、歯をキレイに保つためにも食生活を見直してみてくださいね。
関連キーワード

関連記事