たったこれだけ!腹式呼吸の驚くべき効果をご紹介します

たったこれだけ!腹式呼吸の驚くべき効果をご紹介します

毎日何気なく行っている呼吸ですが、腹式呼吸を意識して行うだけで女性に嬉しいダイエットなど色々な効果が期待出来るんです!

腹式呼吸の驚くべき効果とは?

呼吸には「胸式呼吸」と「腹式呼吸」の2種類があります。
私達は、普段起きている時の呼吸は「胸式呼吸」、寝ている時の呼吸は「腹式呼吸」になっています。
「胸式呼吸」は胸周辺の筋肉を使うので一度に沢山の酸素を取り入れることが出来ますが、肩や首、喉などに力が入り交感神経を刺激することで筋肉が硬直し緊張してしまいます。
「腹式呼吸」は肺を動かす筋肉である横隔膜を使った呼吸法です。
この横隔膜を使うと、肩や首、喉などの余計な筋肉を使う必要がない上に、腹式呼吸をすることで副交感神経が優位になるためリラックス効果が期待できます。
腹式呼吸を行うとインナーマッスルが鍛えられることで代謝がアップしたり、お腹周りの引き締めにも効果が期待出来るんですよ。
その他にも嬉しい効果が沢山あるのでご紹介します。

◯ダイエットのサポート
◯脂肪燃焼
◯自律神経を整える
◯ストレスを軽減する
◯免疫力を上げる
◯内臓機能の向上
◯血行を良くする
◯冷え性を良くする
◯老化防止
◯声量が増す

腹式呼吸をマスターしよう!

「腹式呼吸」をするとお腹が膨らみますが、肺に空気が入ると横隔膜が下に下がるので、その影響で内蔵が前に押し出されお腹が出ます。
しかし、色々な効果が期待出来る腹式呼吸はただお腹を膨らませたり、へこませたりするのではなく横隔膜を使った呼吸法です。
それでは、正しい腹式呼吸のやり方や横隔膜の鍛え方をご紹介します!

◯腹式呼吸のやり方
1.仰向けになるか、椅子に座るか、立つ
2.お腹に手を置いて口をすぼめて、肺の空気を全部吐き出すつもりで6秒かけてゆっくり息を吐ききる。この時お腹がへこむことを確認する。
3.お腹が膨らむことを確認しながら、3秒かけてゆっくりと息を鼻から吸う。1セット10~15回を1日3セット行いましょう。

◯ブルブルトレーニング
1.背もたれのある椅子に座る。
2.両手を握って肋骨の下に当てる。
3.リラックスして口を開けて息を吐く。
4.大きくゆっくり息を吸って、一定の声量で「あー」と言いながら、手を当てている場所をブルブルと揺らす。

◯ドギーブレス
1.仰向けになるか、立って行います。
2.口を半開きにして「ハッハッハッ」と犬が呼吸するように、細かい吸って吐く動作を1セット30~80秒行います。1日3~5セットを目安に行いましょう。

いかがでしたか?
現代人はストレスを多く感じている方が多く、無意識に呼吸が浅くなっている事があります。
呼吸が浅くなるとリラックスしにくい身体になってしまったり、ストレスが増えて免疫機能が抑えられてしまいます。
腹式呼吸を意識することで、ストレスの軽減に繋がったり、インナーマッスルが鍛えられることでダイエット効果が期待できたり良い事が沢山ありますので、意識的に腹式呼吸をしてみてはいかがでしょうか?
関連キーワード

関連記事