100%天然成分!蜜蝋入りの手作りバームで保湿対策

100%天然成分!蜜蝋入りの手作りバームで保湿対策

「オーガニックコスメは気になるけど、ちょっとお高い…」とお思いの方、保湿効果満点の蜜蝋で手作りバームに挑戦してみませんか?

蜜蝋の保湿効果に注目

蜜蝋は優秀な天然素材
皆さんは「蜜蝋(みつろう)」ってご存知ですか?
蜜蝋は、蜂の巣をお湯で煮溶かすなどして採取できる天然のワックス(ろう)です。働き蜂が巣を作るときにお腹から分泌されるという蜜蝋は、蜂蜜は入っていませんが、ほんのり甘い香りがします。
蜜蝋には熱を加えると柔らかくなる性質があり、おまけに保湿効果も抜群!昔から口紅等のコスメに使われてきたのだとか。

蜜蝋の効果には、次のようなものがあります。

●保湿ケア
保湿力の高い蜜蝋は、コスメの乳化剤として使われてきました。特に、ハンドクリームやリップクリームに配合されることが多いようです。
ワックスは水と混じり合わない性質を持っているので、水分が蒸発しないようお肌に閉じ込めてくれます。

●抗菌作用
はちみつに抗菌作用があることは知られていますが、実は蜜蝋にも同様の効果が期待できるんです。お肌にも安心して付けることができますね。

●抗炎症作用
抗菌作用だけではなく、蜜蝋には抗炎症作用もあるとされています。軟膏のように、お肌の炎症が気になる部分に塗っても効果的です。

蜜蝋入りのコスメを購入してもいいのですが、実はおうちで手作りの保湿バームを作ることもできてしまうんです!オーガニックコスメはちょっといいお値段…となかなか手が出ないという方は、手作りコスメにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

保湿効果抜群!? 蜜蝋バームの作り方

蜜蝋バームの作り方はとっても簡単。では、その手順についてご紹介していきますね。

(準備)耐熱容器、ボウル、混ぜる用のスプーン、バームを保存する蓋付き容器等を熱湯消毒しておく。湯煎用のお湯をわかす。
■蜜蝋:大さじ1(約7g)…なるべく「化粧品用」「コスメ用」の記載があるものを使用
■お好みの天然オイル:大さじ1…ホホバオイル、スイートアーモンドオイル、オリーブオイル、グレープシードオイル等

1)耐熱容器に蜜蝋と天然オイルを入れ、湯煎にかける。
2)時々スプーンでかき混ぜ、蜜蝋を完全に溶かす。
3)完全に溶けたら、蓋付きの容器(缶など)に注ぐ。気泡がある場合は底をテーブル等にトントンと弱く叩きつけるとよい。
4)数分ほど放置し、固まったら完成。
※余ったバームを流し台に流すと固まってしまうので、必ずすべて使い切るようにする。

湯煎にオイルと蜜蝋をかけて、固めればOKというこちらの簡単手作りコスメ。お肌の乾燥が気になる部分や、唇、肘・膝・かかとなどどこにでも使える万能バームです。それだけではなく、ポイントメイクのクレンジングや革製品のお手入れにも使えるというのだから驚きですね!

保存料など余分な成分は全く含まれていないので、まとめて作り置きするのはやめておきましょう。1~2カ月くらいで使い切れる量を作るのがおすすめです。
また、はちみつにアレルギー反応が起きるという方は蜜蝋入りのコスメのご使用をお控えくださいね。
関連キーワード

関連記事