ダイエット中の外飲みは焼き鳥屋へ!低カロリー部位BEST5

ダイエット中の外飲みは焼き鳥屋へ!低カロリー部位BEST5

これからの季節、飲みに誘われることが多くなりますよね。そんな時は焼き鳥屋さんがオススメです。たまには外で食べて息抜きをしましょう。

ダイエット中に焼き鳥はなぜいいの?

鶏肉はヘルシーな食材だというイメージをお持ちの方は多いと思います。
実際、鶏肉は高たんぱく、低糖質、低カロリーの良いことづくし!
たんぱく質は私たちの体の血や肉、骨だけでなくホルモンの材料にもなります。
ホルモンが出ることによって血糖値を減らすこともできるので、ダイエットにはたんぱく質をしっかり摂ることが大切です。

鶏肉の調理法の中でも、焼き鳥は脂分を落としながら焼いていくので、他の鶏肉料理よりもさらに低カロリーで食べることができます。
串を数えれば食べた本数がわかるので、食べ過ぎ防止にもなります。

こうした点から焼き鳥はダイエット中には強い味方になってくれる食べ物なのです。

ダイエット中は?焼き鳥はどの部位でもヘルシー?

焼き鳥は塩で食べれば、平均1串50kcalですが、皮だけは1串250kcalと高めです。
ですが、どの部位もほとんどが糖質0。

これをタレで食べると15kcalアップし、なおかつ糖質も増えるので、必ず塩で食べるようにしてください。

タレの代わりにレモンや七味を加えれば、クエン酸やカプサイシンで脂肪を燃焼させる効果も。

そしてもう一つ大事なことが串から抜かずにゆっくり食べることです。
取り分けなどで串から抜いてしまう場合は、食べるスピードが早くなるので、ゆっくり噛んで食べることを思い出してください。

ダイエット中におすすめ!焼き鳥(塩)の低カロリー素材BEST5

1位 軟骨:24kcal
2位 レバ:ー33kcal
3位 砂肝:34kcal
4位 ささ身:45kcal
5位 胸肉:69kcal

【参考サイト】
カロリーSlism(http://calorie.slism.jp/111227/)
簡単!栄養andカロリー計算(http://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/zryouri/yakitori.html)

一緒に飲むお酒を焼酎や糖質オフの発泡酒などにして、思いっきり外食を楽しみましょう。
関連キーワード

関連記事