ブスな指先は嫌!自宅で出来る簡単ネイルケア

ブスな指先は嫌!自宅で出来る簡単ネイルケア

ネイルしているとテンションが上がりますよね。ただし放置するとグリーンネイルの原因にもなるので、たまにはネイルをお休みしましょう。

グリーンネイルになる前に自宅でネイルにお休みを

グリーンネイル(爪カビ)はスカルプチュアやジェルネイル、つけ爪などが浮いてきたまま放置した事で、ジェルと自爪の間に水が入り菌が繁殖するのが原因です。
特にジェルネイルは、持ちがよいため爪の成長によってジェルネイルと爪との間に隙間ができやすいため、それを放置した結果、グリーンネイルに…なんてことも。
爪とネイルの境目が黄色っぽくなっていたらすぐにネイルサロンに行ってオフしましょう。グリーンネイルにならないためにも、3週間に一度はネイルサロンに行くか、たまには自爪で過ごすのもいいかもれませんね。

特別な道具はいらない!自宅で簡単甘皮ネイルケア

今までつけていたジェルネイルがなくなって自爪で過ごしているとなんだか物足りない…。そんな自爪の時こそセルフケアのチャンスです。
今回はお風呂で簡単にできる甘皮ケアをご紹介します。

【用意するもの】
・綿棒
・ハンドクリーム

この二つだけで、特別なものは必要ありません。
お風呂に持って入るのは綿棒だけです。

【セルフ甘皮処理の方法】
お風呂に指先までゆっくり浸かった後
綿棒で甘皮をそっと押し上げます。
押し上げたところに薄い爪の膜のようなものがあるので、やさしく綿棒をクルクルと動かし、表面を剥がしましょう。
お風呂から上がったら、爪にハンドクリームを塗って甘皮ケア完了です。

力を入れずに優しく行ってください。
もし剥がれない場合は、もう少しお湯に手を入れてみてくださいね。

ささくれがある場合は、引っ張らずに眉毛ハサミや爪切りなどでカットしてください。セルフ甘皮処理は半身浴のついでに月に2回程度行うのがいいと思います。
関連キーワード

関連記事