実は臭ってる?自分だけが気づかない頭皮の臭いの予防法

実は臭ってる?自分だけが気づかない頭皮の臭いの予防法

温かくなると気になるのが、臭い。中でも頭皮の臭いは自分では気づきにくく、他人からは気づかれやすかったり。そこで頭皮の臭い対策をご紹介します!

頭皮の臭いの原因は、皮脂を餌にして繁殖する雑菌のせい

自分の頭皮の臭いが気になったことはありますか?汗をかくようになり肌がベタつき始めると、体臭は気になるものですが、臭っているのに自分では気づかない、そんな落とし穴が頭皮だったりします。

そこで、頭皮の臭いの原因と対策を調べてみました。

頭皮が臭う原因は何?

1:洗髪時のすすぎ残し&頭皮の皮脂の酸化
頭皮の皮脂腺数はTゾーンの約2倍と言われ、人間の体の中で一番皮脂が多く分泌されています。皮脂そのものには臭いがありませんが、シャンプーの際にきちんと洗い流せなかった皮脂や汗、汚れを餌に、雑菌が繁殖する時に臭い物質が発生します。
また、酸化した皮脂(過酸化脂質)が毛穴につまって、悪臭の原因にもなります。
シャンプーだけでなく、トリートメントやリンスによるすすぎ残しも、過酸化脂質が出来る一因です。

2:生乾きのまま寝てしまう&束ねた髪の毛の中がムレている
せっかく洗髪をしても、きちんとドライヤーで乾かさないと、湿気の中で雑菌が繁殖して臭ってしまいます。というのも、生乾きの洗濯物が臭うのと同じく、菌の繁殖には、高温多湿な場所が最適だからです。束ねた髪の毛の中のムレも同じです。

3:シャンプーの使い過ぎによる皮脂の分泌過多
頭皮のベタつきを防ぐ為に1日に何回も洗髪をしたり、洗浄力の強いシャンプーを使うことは、皮脂を余計に分泌させる原因の一つです。というのも、頭皮の必要な皮脂を取りすぎることで頭皮が乾燥した状態になり、細胞は油分が足りないと認識し、更に皮脂を分泌させてしまうからです。

頭皮の臭い防止方法は?

1:洗髪前のブラッシングと、洗髪時のしっかりした汚れ落とし
洗髪前のブラッシングで、汚れをきちんと浮かせておくことが大事です。また洗髪時は、すぐにシャンプーをつけるのではなく、お湯でしっかり頭皮を洗い、基本的な汚れを落としてからシャンプーをつけましょう。その際、頭皮のキメに洗浄成分が行き渡るように泡立てて、後頭部から頭頂部にかけて揉むように洗ってください。

2:洗髪時はしっかりすすぐ&トリートメント類は頭皮ではなく毛先中心に
シャンプーをしっかり洗い流しても、リンスやトリートメントのすすぎが足りないと、頭皮に過酸化脂質が発生する一因に。よって、全てしっかりすすぐと共に、リンス・トリートメントは頭皮ではなく毛先を中心につけるようにしましょう。

3:洗髪後は髪の毛をしっかり乾かす
頭皮を乾かしすぎるのもいけませんが、頭髪は生乾きにならないよう、完全に乾かしてください。

4:自分の頭皮状態にあったシャンプーを使う
自分の頭皮の皮脂量に合わないシャンプーを使っていると、皮脂が余分に分泌される原因になる為、自分の頭皮状態をきちんと把握しましょう。把握が難しい場合は、美容師さんに相談するとよいでしょう。

5:動物性の脂肪やたんぱく質、アルコールの摂取を控える
動物性の脂肪やたんぱく質、アルコール類は、腸内で分解された時に腐敗し、悪臭の元になる物質を作り出す為、適度な摂取を心がけましょう。

6:緑茶、ウーロン茶などで頭皮をふき、頭皮の臭い成分を除去する
緑茶やウーロン茶に含まれるポリフェノール「カテキン」には消臭効果があるため、それらで頭皮を拭くと、臭いが取れやすくなります。

7:ストレスを溜めず、規則正しい生活を送る
ストレスが溜まるとホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンの働きが活性化されることで皮脂の分泌増加につながります。
いかがでしたでしょうか? 頭皮の臭い対策は体臭対策も兼ねますので、洗髪方法を見直すだけでなく、ストレスの少ない生活を心がけるとよさそうですね。

関連記事