印象アップから口臭予防まで! 口腔内エイジングケア方法

印象アップから口臭予防まで! 口腔内エイジングケア方法

美しい歯や歯茎は、若々しい印象を与えてくれます。歯磨き以外に行いたい、口腔内エイジングケアはいろいろ。ぜひ取り入れてみてください。
洗い方PERFECTマニュアル_オーラルケア編「口腔内エイジングケア」

今日からできる! 簡単マッサージ&トレーニング

通常のケアに加えて取り入れたいのが、歯茎マッサージと表情筋トレーニング。「アンチエイジングデンタルクリニック恵比寿」院長である小川朗子先生に、隙間時間、ながら時間で簡単にできる方法をお伺いしました。

ピンク色の歯茎で印象アップ!

透明感のある明るいピンク色の歯茎は、歯と並んで顔の印象を左右する重要なパーツのひとつ。きちんとケアすることで、肌と同じようにツヤや弾力を取り戻すことができます。方法はとてもカンタン!ぜひ挑戦してみて。

<歯茎のマッサージ>

赤みや腫れがない、引き締まったピンク色の歯茎を目指すなら、日々の丁寧な歯磨きと歯茎のマッサージをぜひ習慣にして。

歯茎の色は、血行と深い関係があります。血行が悪いと色がくすんだり、黒っぽくなってしまいます。血行促進には、やはりマッサージが効果的。やり方はとても簡単です。指もしくは好みでジェルをつけて行ってください。
歯茎マッサージ
【STEP 1】人差し指を歯茎にあて、くるくると円を描くようにやさしくマッサージしていきます。指のすべりを良くしたい場合は、歯茎マッサージ用のジェルを使用してみて。手で行うのに抵抗がある場合は、やわらかい歯ブラシを使ってもOK。

【STEP 2】歯茎には歯や口元を美しくしてくれるツボがたくさんあるので、まんべんなくさわって刺激してみて。ただし、治療中の部位や痛みのあるところは避けよう。歯茎のマッサージは、どのタイミングに行ってもOK。気づいた時にこまめに行いましょう。

口臭&虫歯対策には表情筋トレーニング

歯茎のマッサージと合わせて行いたいのが表情筋トレーニング。どちらも血行促進はもちろん、唾液の分泌も促してくれるので、口臭予防や虫歯対策にも効果的です。

<頬と舌を使った表情筋トレーニング>

頬と舌を使った表情筋トレーニング 1
【STEP 1】口の中に力を入れて、片方の頬をぷくっと膨らませ、5秒キープ。左右それぞれ、4回程度繰り返します。
頬と舌を使った表情筋トレーニング 2
【STEP 2】唇をしっかり閉じて、舌を頬から唇のあたりまで内側から押すようにゆっくり1周させます。ほうれい線を伸ばすようなイメージで、右回しと左回しの1セット×3回くらいがおすすめ。内側から舌で押していることを意識しながら、ゆっくりと行って下さい。

意識することがエイジングケアに繋がります

歯茎マッサージを行う時は、奥歯の歯肉を引き上げるようにマッサージすると頬のリフトアップにつながります。 ほうれい線の裏側をなぞるようにマッサージするのもおすすめです。

表情筋トレーニングもとても簡単な動きなので、気づいた時にこまめに行って、口もとのエイジングケアを。また、表情筋のトレーニングとは異なりますが、食事中によく噛むことは、顔のたるみ対策になるのでおすすめです。
■監修
小川朗子さん
アンチエイジングデンタルクリニック恵比寿院長
虫歯や歯周病、噛み合わせ治療など一般歯科、審美歯科や矯正歯科のほか、健康で美しい口元を保つためのケアメニューを豊富にそろえ、口元のエイジングケアの必要性を広めている。

イラスト/micca

関連記事