「オイル美容」が逆効果に!? 肌を乾燥させるNGな使い方とは

「オイル美容」が逆効果に!? 肌を乾燥させるNGな使い方とは

来たるべき冬に向けて、オイル美容で保湿ケアをしている方は要注意。
間違った使い方をすることで、かえって肌を乾燥させ逆効果になることも…。

乾燥が進む!? オイル美容で注意すべきポイントとは

乾燥肌、敏感肌、脂肌…人によって肌タイプはさまざま。
体質や性質によっても、お肌へのアプローチは少しずつ異なりますよね。
だけど乾燥の激しい冬は、肌質に関係なく「オイル美容」が愛好される傾向にあります。

【オイル美容とは】
オイル美容とは、天然の質の良いオイルを取り入れてスキンケアをすることの総称。
顔、身体、髪など、さまざまな部位に使うことができます。
また、肌との相性も良く、表皮の水分蒸発を防ぐサポートをしてくれるため、優秀なケアアイテムとしての人気も高いのです。
特に乾燥の気になる冬は、普段のケアに取り入れる方も多いのだそう。

【オイルケアで注意すべきポイントとは】
確かに、オイルケアをするとお肌がしっとり整って、潤いをずっと保ってくれているような気がしますよね。
ですが、オイルケアにも気をつけなければならないポイントが2つあります。
それは「オイルをつけたからといって100%乾燥を防げるわけではない」こと、そして「オイルケア後の追加保湿は難しい」ということ。
この2点について、詳しく見ていきましょう。

冬の乾燥に立ち向かうために、適切なオイルケアを知ろう

乾燥から肌を守るために行うオイル美容が、かえって乾燥を招いてしまう。
これには、次の理由が考えられると言われています。

・オイル美容は、水分蒸発を100%防ぐわけではない
・スキンケアの最後にオイルをつけると、上から化粧水を重ねても吸収しない

肌の表面には、汗と皮脂が混ざった油膜が存在します。
この天然の油膜は、水分を蓄えてくれている角質層に働きかけ、保護する役割をもっています。
オイルを塗ることにより、油膜のサポートとなって乾燥を防ぐ効果があると言われているため、オイル美容は人気なのです。
とはいえ、蒸発の時間を少し延ばすことはできますが、その効果は100%ではありません。
「朝、一度オイルをつければ夜まで乾燥しない」と思いがちですが、その発想がキケンなのです。
知らない間に乾燥が進んで、肌トラブルを引き起こすことも…。

また、オイルには水を弾く性質が備わっています。
上から化粧水をつけようとしても、ブロックしてしまうため浸透しません。
つまり、一度オイルをつけてしまうと、重ねての保湿ケアが難しくなってしまうというわけです。

【乾燥肌にならないためのスキンケアとは】
肌の乾燥を防ぐには、水分をたっぷり与えて保水することが大切です。
また、お肌を内側から整えてくれる栄養素を補給してあげることも欠かせないポイント。
ビタミンCは、シミやくすみに対して有効なため、食事やサプリメントなどから積極的に摂るよう心がけましょう。
また、オイルケアを行う際は、朝の洗顔後ではなく夜の就寝前に行うのがオススメ。
そうすることで、日中乾燥が気になる場合は、携帯用の化粧水スプレーなどで保水もできますし、夜は眠っている間の水分蒸発を防ぐ効果が期待できるからです。

いかがでしたか?
オイルでのケアに気をつけながら、しっかりと乾燥対策をして今冬を乗り切りましょう!
関連キーワード

関連記事