その乾燥、もしかして…?ビタミンC誘導体の意外な「副作用」

その乾燥、もしかして…?ビタミンC誘導体の意外な「副作用」

美白成分として有名なビタミンC誘導体ですが、実はお肌が乾燥してしまうという声も…。その意外な「副作用」について調べてみました。

ビタミンC誘導体が肌の乾燥を招く?

ビタミンC誘導体でお肌が乾燥?
“ビタミンC誘導体”って、よく聞く言葉ですよね。このビタミンC誘導体の歴史は意外に長く、美白成分としコスメに使われるようになったのはなんと80年代半ばなんです。
もともとビタミンCは安定性に欠けるところがあり、コスメに使うことができなかったのだとか。それを酸化しにくいよう誘導体化することで、コスメに使用できるようになったという経緯があります。

現在では美白効果を謳う化粧水や美容液などに配合されていることが多いビタミンC誘導体ですが、実はお肌を乾燥させてしまう「副作用」があると言われているんです。
ビタミンC誘導体には美白効果やアンチエイジング効果なども期待できますが、皮脂の分泌をコントロールする作用もあります。この皮脂分泌コントロール作用によって、乾燥肌の人はお肌の乾燥を訴えることが少なからずあるようです。

乾燥がひどい人は、ビタミンC誘導体をやめてみる

もちろん、化粧品メーカーとしてもビタミンC誘導体のこうした「副作用」をよく認識していて、一緒にヒアルロン酸などの保湿成分を配合する等の対策はしているようです。また、自分で意識して保湿対策をしっかり行うというのも有効な対策でしょう。
しかし、残念なことに、それでもお肌が乾燥してしまう体質の人は一定数いるのだとか…!

もし保湿対策をしっかり行ったうえでお肌の乾燥を感じるという人は、スキンケアコスメに含まれるビタミンC誘導体が合わない体質であるという可能性も。
一旦ビタミンC誘導体コスメの使用をお休みしてみて、お肌の調子を見てみることをおすすめします。

一般的にはお肌によいとされている成分でも、それらが自分に合っていないこともあり得ます。口コミの評価が高いコスメを妄信せずに、自分のお肌と向き合ってみましょう!

関連記事