寒い時こそ飲みたい!身体が温まる飲み物

寒い時こそ飲みたい!身体が温まる飲み物

そろそろ冬ですね。寒いと身体も不調になりがちです…。そんなとき、身体が温まる飲み物でほっと一息つきませんか?

身体が温まる飲み物とは?

だんだんと寒さが増してくる今日、身体も不調気味だし、寒いから外にも出たくない…。
そんな日こそ身体を温める飲み物の出番です!
朝起きて1日の始まりに、お昼のちょっとしたひとときに、寝る前に身体を温めたいときに、様々な場面で活躍してくれます。
しかし身体を温める飲み物と言ってもどんなものが良いの?と思う方も多いと思います。
そこで身体を温める効果が期待できるものをご紹介いたします!

・ しょうが
皆さんもご存知の通り、しょうがは身体を温めてくれる食材です。
しょうがに含まれるジンゲロールという成分が効果を発揮してくれます!
身体を温め、血流を良くし、発汗作用をもたらしてくれます。
これにより、身体がぽかぽかと温かくなりますね!

・ 紅茶
完全発酵したお茶は身体を温める手助けをしてくれます。
発酵食品には、血流を良くしたり身体を温める効果があると言われています。
しかし、身体を冷やす作用がある砂糖を加えてしまうと、その効果もあまり発揮されなくなってしまうそうなので、飲む際は気を付けましょう。
余談ですが、抹茶や緑茶は不発酵茶と言われており、逆に身体を冷やしてしまうので、身体を温めたいときにはあまりおすすめはできません。

・ てんさい糖
先ほども述べましたが、砂糖は身体を冷やすものと言われています。
その中でも白砂糖や三温糖は気を付けた方がいいのですが、てんさい糖は逆なんです。
てんさい糖は、身体を温めるパワーがある砂糖の一種です。
整腸作用のあるオリゴ糖も含まれています。
あまり耳にしない砂糖かもしれませんが、これを機に一度使用してみてはいかがでしょうか?
血糖値の上昇も穏やかですので、健康にも良い効果が期待できそうですね!

身近なものから3つほどご紹介させていただきました。
最近ではしょうが茶なども出てきているので、積極的に飲んでいきたいですね!

自宅でアレンジ!身体の温まる飲み物を作ろう!

ここでは、自宅で簡単にアレンジできる身体が温まる飲み物のレシピをご紹介いたします!

○しょうが紅茶
材料
紅茶      1杯
すりしょうが  小さじ1
はちみつ    適量

紅茶にすったしょうがとはちみつをいれて混ぜるだけで、身体が温まる飲み物の完成です!
体が温まるだけでなく、しょうがやはちみつの効果により喉の乾燥予防や、風邪予防にも最適です。
はちみつには身体を温めたり冷やしたりする作用はあまりありませんので、気にしなくも大丈夫な甘味の1つですね。

○金柑茶
材料
金柑     200g
はちみつ  40g-50g
てんさい糖 100g

まず初めに金柑のジャムを作ります。
1. 金柑は水洗いしたあとヘタを取り、楊枝で2.3か所穴をあける。
2. すべて空け終わったら、沸騰したお湯で軽く茹で(約5分)、水にさらしあく抜きをする。(約1時間)
3. あく抜きが終わったら水を切り、軽くふき取る。
4. 金柑をお好みの薄さにスライスする。
5. 保存容器に金柑、はちみつ、てんさい糖すべてをよく混ぜ合わせる。
6. 600Wで約3分ほど電子レンジにかけ、冷めたらジャムは完成です!

そのあとは完成したジャムをお湯に溶かすだけで完成です。
少し甘酸っぱい金柑茶は、栄養満点で美容にも健康にも効果が期待できます。
どちらのお茶も簡単にできるので是非試してみてください!
関連キーワード

関連記事